セルフネイル

ベースジェルなしでも大丈夫?塗らない場合のデメリット4つ!

「ベースジェルって塗らないとダメ?カラージェルを直接塗っても問題ない?」

ベースを塗らない場合によくあるトラブルと、ベースジェルの役割について解説します。

ベースジェルを塗らない場合のデメリット

ベースジェルなしのネイル

  • ネイルがすぐに剥がれる
  • 色ムラになりやすい
  • 色素沈着する
  • フォルムが崩れる

①ネイルがすぐに剥がれる

ベースジェルは爪に塗布することで、自爪とネイルの密着を高める役割があります。

カラージェルはあくまでカラーリング用ですので、直接塗っても密着せず剥がれやすいネイルになります。

②色ムラになりやすい

自爪の表面には凹凸があり、直接カラージェルを塗るとジェルが溜まったり、薄くなったりと色ムラの原因になります。

その為、ベースジェルを塗布し表面をフラットに整えることで、次に塗るカラージェルの色ムラを無くしてくれます。

③色素沈着する

自爪に直接カラージェルを塗ると、マニキュアと同様に自爪への色素沈着を起こすこともあります。

白や黒、赤、青など顔料の濃いカラーは特に自爪の変色の原因ともなります。

④でこぼこになる

ベースジェルは自爪表面の凹凸や爪の形(フォルム)を整える役割があります。

ベースを塗らないことでフォルムが崩れやすく、ネイル表面が波打っていたり、アートが綺麗に描けなかったり仕上がりにも大きく影響します。

 

-セルフネイル
-

© 2021 美ネイル.