ネイルの知識

キューティクルオイルの使用期限はいつまで?適切な使用方法を解説

『キューティクルオイルって結構前のものでも使用できるの?』

『オイルってどこに塗るのが効果的?』

オイルを購入したのはいいけど適切な使い方をよく知らずに使っているという方がほとんど。

ですが、爪や皮膚に塗布するオイルだからこそ、不適切な使用でトラブルに繫がってしまうこともあります。

せっかく購入したオイルを効果的に使用する為にも、適切な使用方法や使用期限を解説します!

キューティクルオイルの使用期限

  • 開封後の場合:半年~1年程度
  • 未開封の場合:3年程度

キューティクルオイルは油分ですので、開封し空気に触れると酸化し劣化が進みます。その為、開封後のオイルは半年~1年以内を目安に使用しましょう。

未開封の場合は3年程度が使用期限ですが、温度変化の激しい環境や、日の当たる場所での保管は未開封でも劣化を早めてしまいます。

期限内でもオイルに変色がないか、匂いに異常はないかを確認してから使用しましょう!

期限切れ・劣化したオイルの使用による影響

期限切れや劣化したオイルの使用は、爪や皮膚トラブルの原因になることもあります。

かゆみや炎症を起こしてしまうこともありますので、久しぶりに使用する場合は必ず異常や変質がないか確認し使用しましょう。

使用期限が記載されているオイルもありますので、ラベルの確認も行いましょう。

残ったオイルの捨て方

オイルが残っている場合は、中身をキッチンペーパーに染み込ませ可燃ごみに。

空になった瓶は水でかるくすすぎ、ラベルを剥がして”びん”の収集日に捨てます。

キャップやハケは燃えるゴミで捨てましょう。

キューティクルオイルの適切な使用方法

オイルは日に何回塗っても問題ありません。

特に出掛ける前や、就寝前、日中手洗い後など気が付いたときにこまめに塗り、乾燥を防ぎましょう!

オイルの適切な塗布方法

キューティクルオイルは、爪周りの皮膚、爪表面、爪先の裏に塗るとより効果的です。

オイルを指先に垂らしたら、しっかりと馴染ませましょう。

爪の裏はハイポニキウムという薄い皮膚が張り付いており、保湿することで爪が縦長に育ちやすくなります。

爪の根本の皮膚は爪を作る働きがあり、保湿によって健康的な爪の育成を助けます。

爪表面は潤いが足りていないと固く折れやすい爪になりますが、オイルを塗ることで潤いを保ち柔軟性のあるおれにくい爪になります。

キューティクルオイルで美爪に

オイルはだんだんと塗るのが面倒になったり、塗らなくなってしまうことも多いですよね。

指先の保湿は、目に見えて大きな変化がない為に効果を感じにくいですが、やっぱり継続することで柔らかな皮膚や爪を保つことができます。

意外と見られている指先ですので、小さな手間を習慣にしていきたいですね!

-ネイルの知識
-

© 2021 美ネイル.