フィルインとは?オフをしない一層残しジェルネイルについて解説

フィルインとは?オフをしない一層残しジェルネイルについて解説

【フィルイン、オフをしないジェル、一層残しジェル】と最近よく見かけますよね。フィルインができるサロンや、当店は一層残しをしていますなど表示されているサロンも。

でも、「フィルインってなに?オフをしないとは、どういうこと?」と疑問に思っている方も多いはず。。そんな方の為に、今回はフィルインについて解説していきます。

 

フィルインとは

ジェルネイルをフィルインする

フィルインには、いろんな呼び方があり、一層残しオフをしないジェルとも呼ばれます。

フィルインとは:ジェルをオフする際に、トップジェルやアートやカラーのジェルをマシーンで削り落とし、ベースジェルのみが爪に付いたまま残します。普通のジェルと違うのはここまでです。その後は皮膚周りのケアをし、また綺麗にベースジェルを塗り(伸びた爪の部分全て)、カラーやアートをしてトップジェルで仕上げます。

ジェルが一層付いたままの状態で残すため、一層残しとも呼ばれています。通常のオフならばベースジェルも含めた全てのジェルを取り除くのが通常のオフですが、ベースジェルを残すので、オフをしないジェルとも言われています。

フィルインが爪に良い理由

フィルインのジェルネイル

フィルインは、自爪に負担をかけないのでネイルを続ける方にはおすすめですと謳っているサロンも多いですよね。でもなぜフィルインは自爪に負担をかけないのか?についてです。

自爪に負担をかけない理由

通常のオフは、せっかく付いているベースジェルもすべて自爪から剥がすので、オフ剤などで乾燥し自爪に負担がかかります。また、ジェルを新たに付ける際もファイルなどで自爪に小さな傷を付けジェルを密着させるので、繰り返し付け替えをすると負担がかかってしまいます。

ですが、フィルインであれば前回付けたベースジェルだけを剥がさずに残します。また、新たにジェルを付ける際も爪が伸びた根元の部分のみに小さな傷を付けるので、ジェルの付け替えで毎回自爪に負担を掛けることがなくジェルが続けられるんです。特に爪の薄い方や、爪が痛んでいる方、乾燥しやすい爪や皮膚の方にはメリットが沢山ありますね。

フィルインのデメリットと注意点

フィルインネイルの注意

爪にかかる負担がとても少なく、フィルインっていいね!と思いますよね。でも、フィルインを続けるにもデメリットや気を付けたい注意点があるので、まとめました。↓

付け替え周期厳守、自分でオフできない、硬い付け心地、施術料金が高い、同じサロンに通う必要がある等。。

・付け替えの周期を必ず守る

フィルインは約3~4週間ごとの定期的な付け替え時期を守ることで、綺麗なフィルインを続けられます。時期を大幅に過ぎてしまうと、ベースジェルが自爪から剥がれ、フィルインに向かない状態になってしまう可能性もあります。なので、フィルインが適切に施術できるようベースジェルが密着している間に付け変えをすることが大切です。

・自分ではオフできない

フィルインに使用するベースジェルは密着度が高く、通常のジェルよりもしっかりと自爪にくっ付いています。ですので、自分で無理矢理剥がしたり、セルフオフをしてしまうと上手くオフが出来ず自爪を痛めてしまいます。必ずネイルサロンでのオフが必要になります。

・硬さがあり、柔軟性に欠ける

フィルインに使用するベースジェルは、通常のジェルよりも硬さがあるハードジェルを使用している場合がほとんどです。なので、爪に付いている感覚が強かったり、軽い付け心地ではないことが気になる場合もあります。

・フィルインの施術料金が高い

フィルインには、しっかりとしたジェルの知識や高い技術力が必要となります。そのため通常のオフをするネイルサロンよりも、技術料を含んだ少し高めの施術料金となっています。平均的に、通常のオフをするサロン価格に2,000~3,000円程度プラスした料金です。

・同じサロンに通うことが必要

今はまだ、フィルインが出来るサロンの割合が少ないです。また、フィルインが出来るサロンであっても、サロンによって取り扱っているフィルイン用のベースジェルが違う場合もあります。爪に付けているベースジェルと違う種類のベースジェルの場合はフィルインの施術が行えない場合もある為、基本的には一度フィルイン施術をしたサロンに繰り返し通うことが必要になります。

 

まとめ:フィルインは自分の爪に合うか

上記のようなデメリットや注意点に問題が無く続けらそうと言う方は、自爪の健康を守る為にも、長くジェルネイルを楽しむためにもフィルインの施術がおすすめです。でも、自分の生活に合うか、付け心地に違和感はないか確かめることも必要になりますので、ぜひ一度フィルインを試してみて下さいね。

 

ネイルの知識カテゴリの最新記事