セルフネイル

ジェルネイルブラシの種類と選び方!用途に合あわせた使い分け

『ジェルネイルに使いやすいブラシってどう選べば良いの?』

ジェルネイルブラシは、毛先の形、毛質、毛の長さが異なると使いやすさが大きく異なり、グラデがしやすい筆、フレンチに適した筆などブラシ選びはネイルの仕上がりにも影響します。

用途や自分に合った筆を見つける為にも、種類や選び方を把握してブラシ選びに役立てて下さいね!

ジェルネイルブラシの種類

ジェルネイルブラシ

ジェルネイルブラシを選ぶ前に、ブラシの種類や違いを知っておきましょう!

①ブラシの形で選ぶ

ブラシの形は製品によって様々ですが、主に使用頻度の高い5種類を揃えておくとベースやトップ、カラーリング、アートまで一通りこなせます!

オーバル(ラウンド、丸筆)

オーバルはキューティクルの丸みに合わせて塗りやすく、キワまでしっかり塗れ自然な丸みを描けます。ベース、トップ、カラーまで1本でオールマイティに使えて便利。ジェル初心者の方はスクエアよりもオーバルが使いやすと感じる方が多いです。

スクエア(平筆)

スクエアは筆の角を使ってライン取りしやすく、サイドやコーナーもキワまでに塗りやすい。キューティクルラインが丸くない場合は、スクエアの方が塗りやすい。

毛先が揃った幅広なのでカラーをムラなく均一に塗れます。ベース、トップはもちろんワンカラーやグラデーション、直線的なアートにもおすすめ。

フレンチ筆(斜め筆)

フレンチ筆は、毛先が斜めに揃っているので毛先を当てるだけでフレンチラインを綺麗に描けます。またグラデーションやフラワーアートにも。

細筆(ライン筆、ライナー)

細筆は、毛が長い細筆は直線ラインをぶれずに描きやすくチェック柄などにも使えます。毛が短い細筆は細かいペイントアートや、ドット、ラメライン、ピーコックやマーブルを描く時に適しています。

好みによりますがライナーでフレンチを描く方もいます。

細丸筆(細ラウンド)

細丸筆は主にアートに使用します。花びらなど毛先の丸みを活かせる描けます。

②ブラシの毛質で選ぶ

ジェルネイルブラシの毛質は主に、「動物毛」と「ナイロン毛」の2種類があります。

動物毛(コリンスキー)

動物毛は、毛質が柔らかいので筆にジェルを含ませやすく、ジェルをムラなく均一に伸ばして塗ることができます。筆の跡が付きにくいのも特徴。

特にカラーの一色塗りやグラデーションなど、アートをしないシンプルネイルならムラなく塗れる動物毛の使用がおすすめ。

ナイロン毛

ナイロン毛は、動物毛よりも毛質が硬くコシがあるので、細かいアートやラインをぶれずに描くことができます。

化学繊維使用しているので溶剤にも強く丈夫で傷みにくく、価格も安価で揃えやすいのが特徴。

数本セットになったタイプも多いので、初めての方はまずナイロン毛から使用し、慣れてきたら動物毛を1本揃えるとネイルの仕上がりも変わってきます!

-セルフネイル
-,

© 2021 美ネイル.