ネイルの知識

ジェルネイルの変色や黄ばみの原因と適切な対策方法!

せっかく付けたジェルネイル、仕上がり直後は良かったのに段々と黄ばみが気になったり、変色して汚く見えるのは嫌ですよね。

原因は塗布の仕方や、生活環境による原因がほどんどです。

黄ばみや変色を防ぎたい方に、原因と対策方法を解説します!

ジェルネイルの変色や黄ばみの原因

ジェルネイルの変色黄ばみの原因

ジェルネイルの変色や黄ばみは様々な原因が考えられます。

  • ジェルの劣化
  • ジェルの組み合わせが悪い
  • 黄ばみやすいジェルの使用
  • タバコによる変色
  • ヘアカラーによる変色
  • 温泉成分による変色
  • 紫外線による変色

①ジェルの劣化

ジェルネイルを長期保管している場合、経年劣化による変色や黄ばみを起こしやすくなります。

ジェル自体に変色が見られなくても、塗布後数日で変色してしまうことも多いです。

一般的なジェルネイルの使用期限は、未開封で3年ほど開封済で1年半ほどとされていますので、使用期限を過ぎたものは使用しないのが適切です。

②ジェルの組み合わせが悪い

カラージェルを混ぜて使用する場合は、特に変色を起こすことが多いです。

ジェルは製品によって成分の配合が異なるため、メーカーの異なるジェルを混ぜ合わせることで成分が安定せず、変色を起こしてしまいます。

カラーを混ぜる時は必ず同じメーカーのものを使用しましょう。

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.