ネイルの知識

ジェルネイル伸びても目立ちにくいデザインとネイルのコツ!

ジェルネイルは3~4週間程度を目安に付け替えますが、その間約3㎜程度爪が伸びます。

そのため、どうしても根本の隙間が気になりやすく、せっかくのかわいいデザインも根本が伸びているとなんか汚く見えてしまうと言う事も。

ネイルサロンに行くまでの間、伸びても目立ちにくく、伸びてもネイルが綺麗に見えるデザインを集めました!

伸びても目立ちにくいネイルのコツ!

ジェルネイルの伸び

伸びても目立ちにくいネイルのポイントは3つ!

特に根本の隙間や自爪との違いを無くすようなデザインが、伸びても綺麗です。

  • 根本がクリアなデザイン
  • 自爪に近いカラー
  • 根本に厚みを出さない

①根本がクリアなデザイン

根本がクリアなデザインとは、カラーグラデーションや、フレンチなど。根本に色を付けず透明な部分を残すことで、自爪との境目が目立ちにくくなります。

②自爪に近いナチュラルカラー

自爪に近いカラーとは、ナチュラルピンクや、ナチュラルベージュです。爪全体に色を塗る場合は、自爪に近いナチュラルなカラーで根本との境目を馴染ませましょう。

③根元に厚みを出さない

伸びてきたときに根元に不自然な厚みがあると、伸びに気付かれやすく汚く見えがちです。

根本は負荷がかからないので厚みは必要なく、できるだけ自爪との境目に凹凸が残らないようフラットな根本に仕上げることで、伸びても綺麗な状態のネイルを維持できます。

伸びても目立ちにくいネイルデザイン!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rich+ mayu(@richplus_mayu)がシェアした投稿

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.