ネイルの知識

セルフネイルの前に知っておきたいソフトジェルとハードジェルの違い

ジェルネイルは大きく分けてソフトジェルとハードジェルに分かれます。

それぞれジェルのテクスチャーや固さ,特徴が異なり、爪や目的に合わせた使い分けを行うことが大切です。

どっちのジェルを選べばいいか分からない、2つの違いをしりたいという方にソフトジェルとハードジェルの違いを詳しく解説します!

ソフトジェル・ハードジェルとは?

ソフトジェルとハードジェル

主にベースジェルやトップジェル、クリアジェルはソフトジェルとハードジェルに分かれます。

爪の状態やネイルの持ち、用途や目的に合わせてソフトとハードを使い分けます。

ソフトジェルとハードジェルの違い

まずは2つの違いを簡単に把握していきましょう。

  • ソフトジェル:柔らかい、アセトンに溶ける
  • ハードジェル:固い、アセトンに溶けない

ソフトジェルはテクスチャーが柔らかいので塗りやすく、セルフレベリングも行いやすいです。ネイルをオフする時はアセトンで溶かしてオフができます。

一般的にネイルサロンやセルフネイルでもよく使われるのは、ソフトジェルが多いです。

ハードジェルはテクスチャーが固く、硬化するとより強度のあるネイルに仕上がります。アセトンに溶けないのでファイルで削って落とす必要があります。

爪先への負荷が多くネイルが剥がれやすいときなど頑丈に仕上げたい時に使うことが多いです。長さだしやパーツの固定などに使われるハードジェルもあります。

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.