ネイル検定資格

ジェルネイルの仕上がりがザラザラする原因と簡単な直し方!

ジェルネイルを仕上げた後に表面のザラつきが気になるという事もありますよね。

引っ掛かるようなザラつきや、目立たないけど触ると感じるザラつきなど、見た目には分かりにくくてもつるんとしていない表面が気になってしまうもの。

そんな時に見直したいザラザラの原因と、ザラつきを簡単に直す方法を解説します!

ジェルネイルの仕上がりがザラザラする原因

ジェルネイルのザラザラ

ジェルネイルのザラつきは、ちょっとした事で起こります。

つるんとした綺麗な表面に仕上げるためにもザラつきの原因を理解しておきましょう!

  • ダストの払い残し
  • 繊維やカスの混ざり込み
  • 気泡の混ざり込み

ダストの払い残し

ネイル前のケアやファイリングで出たダストが爪に残っていると、ジェルに混ざってザラつきの原因となります。

特に皮膚周りのキワはダストが溜まりやすいので、ダストブラシで払った後にガーゼやキッチンペーパーにエタノールまたは水を含ませてしっかり拭き取りを行いましょう。

繊維やカスの混ざり込み

ジェルネイル中に空気中のホコリや衣類の繊維くずが混ざりザラついてしまう事も。

繊維やカスが混ざった時は硬化する前にピンセット等で取り除きましょう。小さな繊維1本でも混ざったまま硬化するとザラつきとして残ってしまいます。

またネイルを行う時は繊維の出やすい洋服を着ない、オフやファイリングをした後はデスク上のダストを掃除してからジェルを行うというのも大切です。

気泡の混ざり込み

ジェルに空気を含むと気泡ができそのまま硬化するとザラつきとなっていまいます。

特に粘度の高いジェルは空気を含みやすく、気泡が抜けにくいので筆を動かしすぎないよう注意しましょう。

また撹拌により気泡ができるので、泡立たないように静かに混ぜましょう。

-ネイル検定資格

© 2021 美ネイル.