ネイルの知識

ロング料金とは?ネイルサロンで追加料金になる場合を解説

ネイルサロンでの施術内容によっては、”ロング料金”が追加で掛かることも。

思っていたより料金が高くなってしまったと後悔する前に、知っておきたいネイルサロンの”ロング料金”についてを解説します!

”ロング料金”はサロンによって様々な料金システムとなっています。ここでは主なロング料金のパターンをいくつか解説していきます。

ネイルサロンでのロング料金とは?

ロングネイルの料金

ロング料金は主にジェルネイルの施術で発生する場合と、スカルプネイルで発生する場合の2つがあります。

  • ジェルネイルのロング料金
  • スカルプのロング料金

ジェルネイルのロング料金

ジェルネイルでのロング料金とは、規定よりも自爪が長い場合の施術に、追加で掛かる料金のことです。

自爪がとても長い方は、ジェルの塗布量も多くなり、ファイリングやジェルの塗布にも時間が掛かったりと、通常よりも材料費と施術に時間が掛かります。

その為、規定の長さを超える施術の場合には通常の施術料金に加え、”ロング料金”が発生することがあります。

サロンによって価格は異なりますが、およそ1,000円~2,000円程度のロング料金が掛かります。

スカルプネイルのロング料金

スカルプネイルを行う場合に発生するロング料金とは、規定よりも長いスカルプネイルを施術する場合に掛かる料金です。

主にMやLサイズのスカルプネイルは通常料金ですが、LLサイズ以上の長いスカルプを作る場合は”ロング料金”が発生することが多くあります。

サロンによってどのサイズからロング料金が発生するかは異なりますが、ジェルネイルと同様にネイルが長いほど材料費と施術時間が掛かる為、追加料としてロング料金が掛かることが多いです。

スカルプの場合のロング料金はおよそ1,500円~3,000円程度です。

サロンによって異なるロング料金

”ロング料金”はネイルサロンによって大きく異なります。

ロング料金の無いサロンや、自爪〇㎝以上,スカルプ〇サイズ以上などと明確に決まっているサロンもあります。

またサロンによってロング料金の価格は様々ですので、長いネイルを行う場合には事前にロング料金について確認を取っておくと安心です。

「ロング料金」と「長さだし」の違い

誤解されやすいのが「ロング料金」と「長さだし料金」です。

長さだしは自爪の長さが足りない場合に、スカルプやジェルを使って爪の長さを延長する施術のことです。

長さだしを行う場合にも、規定よりも長い延長を行う場合は長さだしの料金に加え、ロング料金が掛かることもあります。

ロングネイルをするなら追加料金の確認を!

今回は、一般的なネイルサロンでの”ロング料金”について解説しました。

サロンによっては解説した料金システムと異なることもありますので、ロング料金や追加料について事前に確認しておきましょう!

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.