男性でもネイリストになれる!ネイル資格を取得してメンズネイリストに

男性でもネイリストになれる!ネイル資格を取得してメンズネイリストに

メンズネイリストに興味がある」「男でもネイルを仕事をしたい!」「検定取得や就職はどうすれば?」と考えている方に、男性のネイル検定資格取得やサロン就職、その後のネイル業界での活躍について解説します。

男性でもネイルの資格は取れる?

メンズネイリストのネイル資格を調べる

男性でも、ネイル検定の受験や資格取得は可能です。実際に近年では、男性の受験者も多く、ハンドモデルも男性を連れて受験する方や、男性の試験官が会場に居る場合もあります。

例えば、美容師の男性が仕事の幅をもっと広げる為にネイル検定を取得したり、メイクアップアーティストであれば、メイクアップと同時にネイルケアを担う為に資格取得を目指す方もいます。

また、全く違う業種の方でも、仕事を続けながらネイルの勉強や練習に励み、検定取得が出来たらネイリストへ転職すると言う方もいます。

・ネイル検定については詳しくはこちら。→ネイル検定とは?どんな内容?

男性ネイリストの需要が高い理由

男性ネイリストとして活躍する

ネイリストの多くは女性ですが、他の美容業界を見ても美容師や、メイクアップアーティストなど美容業界で活躍する男性はとても多いです。

最近では、SNSブログを通して沢山のメンズネイリストの活躍を感じます。個性のあるデザインとアーティスト性が人気になっていたり、丁寧な施術や明るい人間性に惹かれお客様が増加していたりと、多くのお客様からの需要があります。

また、男性がファッションの一部でネイルを楽しんだり、身だしなみとしてネイルサロンに通うことも多くなり、同性のネイリストによる施術に需要があります。

男性ネイリストのメリットや強みとは

ネイリストの仕事は神経を使う繊細な作業や、丁寧な施術を求められるのと同時に、長時間の施術をこなす体力勝負の仕事でもあります。そういった面を考えても、細かい模型を組み立てるのが好きだったり、絵を描くのが好き、物を作るのが好き、集中力や体力には自信があるなど、男性でもネイルに活かせる強みがあります。

また、男性目線の異性に好まれる女子ネイルの提案や、独創的でスタイリッシュなデザインなど、男性目線ならではのネイルの提案が出来ますし、頼りがいのある接客と施術で、女性のお客様にも安心感や信頼を作れたりと、女性ネイリストに引けを取らないメリットや強みが、沢山あります。

ネイル検定を取得する

ネイル検定資格取得の勉強をする

ネイリストの資格は国家資格ではないので、必ずしも必要と言う訳では無いですが、今後のサロン就職にも役立ち、お客様に信頼されるネイリストになるには、資格の取得がとても大切です。

男性が通うネイルスクール

一般的なネイルスクールでも基本的には男女の制限が無いので、男性でも気軽に通う事が出来ます。ですが、女性生徒の割合が圧倒的に多いので、毎回通うには気が引けると言う方は、通信教育で資格を取得する事も可能です。

通信教育であれば、費用も抑えられるなどメリットが大きく、初めの一歩として学んでみたい、経験してみたいと言う場合にはおすすめです。

・ネイルを学ぶ方法について詳しくはこちら。→ネイル技術を学ぶための方法

男性の先生が在籍するスクール

東京都:men’s nail school vision

こちらは、男性講師の方が行っているネイルスクールで、男性の生徒さんが多いようです。同性が多ければ通いやすく、男性講師ならではの知識や技術を身に付けられますね。

男性ネイリストが活躍するネイル業界とは

男性ネイリストサロンの施術

仕事として考えた時、ネイリストが活躍できる幅はとても広いです。ネイルサロン勤務を始め、どんな働き方があるのか見ていきましょう。

男性を採用するネイルサロン

ネイルサロンで働く場合、メンズネイリストを募集する求人広告はわずかですが、求人サイトやSNS、ブログなどいろんな方面で探してみましょう。

ネイルサロンの多くは女性ネイリストの採用を想定している場合が多いです。ですが、男性ネイリストが増え始めている最近では、男性スタッフの需要が大きい事や採用するメリットを考え、男性を採用したいと考えるサロンも増えています。時間は掛かるかも知れませんが、問い合わせをしたり、面接を受けて今後活躍できるサロンを見つけましょう。

自分でサロンやスクールを経営

ネイリストは、サロン勤務だけが仕事ではありません。個人サロンをオープンしたり、ネイルスクールの講師になったりと多方面での活躍が可能です。

個人サロンの場合は、狭いスペースでもデスクとイスが設置できれば、いつでも始められます。また店舗を構えてネイルサロンの経営も可能です。ネイル認定講師資格を取得すればネイルスクールを開いたり、講師として美容学校などの専門学校で勤務する事も可能です。

・講師の資格試験についてはこちら。→ネイル認定講師試験とは?

アーティストとしての活躍

ネイル雑誌に自信の作品を掲載したり、SNSやネットでの発信力を付け、自分のデザインや技術を広める事で、多くの方に認知されるネイリストアーティストになれます。

このネイリストの技術を学びたいと思う方が増えれば個人のアートセミナーの開催や、技術講習を開き収入を得る事も可能ですし、個人サロンの集客にも繋がります

まとめ:メンズネイリストの存在が一般的に

まだまだ、ネイル=女性と言うイメージが大きいですが、男性でもネイルサロンに通う方が増えてきた近頃では、今後男性ネイリストの増加が考えられます。

男性ネイリストが一般的になる前に行動することで、今後の将来にも大きく活かせるチャンスですね。

ネイル検定資格カテゴリの最新記事