セルフネイル

セルフジェル初心者におすすめ!まず揃えたいネイル筆の種類

『ジェルネイルをしたいけど、どんな筆を揃えたらいいの?』

これからセルフジェルネイルを始めるなら、揃えておきたいネイル筆や筆の選び方を紹介!

ジェルネイルのワンカラーに必要な筆

ジェルネイルの筆

ジェルネイルを始めるなら、まずは平筆が必要です。

平筆1本あれば、ベースやカラー、トップまでどのジェルも塗ることができます。

平筆は先端が四角があります。丸い平筆は爪の根元やカーブに合わせて塗りやすく、四角い平筆なら爪のキワやサイドも真っ直ぐにラインを取りやすくなります。

人によって好みが分かれますが、最初は丸い平筆のほうが塗りやすく感じるかも知れません。

ジェルによって筆の使い分け

平筆は2,3本あると便利です。

ラメ入りのジェルや顔料の濃い黒や青、赤のカラージェルは、ハケの中に色残りしやすく、次のジェルを塗る時に色が滲み出てきたりラメが混ざってしまいます。

色残りが無いようにしっかりと手入れをしてから使えば問題ありませんが、ジェルの種類によって筆を使い分けすると手間を省けて時短にもなります。

クリアジェル用(ベースやトップ等)、カラー用、ラメ用に使用する筆を分けるのがおすすめです!

ジェルネイルのアートに必要な筆

  • グラデ用の筆
  • ライン用細筆
  • アート用の小さい筆
  • アート用中太筆
  • フレンチ用斜め筆

アート(柄やペイント等)でよく使われる主な筆の種類です。

平筆だけではなく、セルフネイルでしてみたいアートに合わせて筆を選んでみて下さいね!

グラデ用の筆

カラーグラデーションには、四角い平筆が必要です!

丸い平筆はジェルを均等にぼかしにくい為、あまりグラデに向いていません。グラデをしたい場合は四角の平筆を用意しましょう。

筆を増やしたくない方は、最初から四角の平筆を選んでおくと1本でグラデーションまでできますね!

ライン用の細筆

真っ直ぐな線を描きたい場合は、ライン用の筆が必要です。

カラージェルで細く真っ直ぐなラインを描くなら、1㎝以上毛の長い細筆を使うことで初心者でも簡単に綺麗なラインが引けます!

ラメラインを引く場合は、0.5㎝程度の短めの細筆を使います。ラメの粒が粗い場合、細すぎる筆はラメがハケに乗りにくくラインを上手く引けないので、少しコシがある細すぎない筆がおすすめ。

パールのように細かなキラキラのジェルなら、カラージェルと同様の毛の長い細筆の方が描きやすいです。

アート用の小さい筆

細かなペイントアートを描く場合は、0.5㎝程度の短めでコシのある細筆を使います。(ラメラインと同じ)

細すぎても毛先が安定せず描きにくいので、細すぎない程度が適切!

ドットや点線、模様、ニュアンスアート、キャラクターアート、などアート全般に適しています。

アート用の中太筆

1つ前の筆よりも太さのある筆です。

花のアートや垂らし込みアートなど、大き目のアートに使います。

毛先がまとまった形の筆がスタンダードですが、毛先が平筆になっているものもあります。

フレンチ用斜め筆

フレンチネイルは色んな描き方がありますが、主に斜め筆を使って描きます!

斜め筆は、横幅の太さや、毛量、毛の長さ、斜め具合など筆によって様々です。使いやすさは人によるので、フレンチネイルを極めたい方は色んな斜め筆を使ってみて。

初めてなら、平筆ほど幅広すぎず、薄すぎない少しコシのある筆がおすすめです。

用途に合った筆を選んでみて

今回は、ネイルに必須な平筆からアート用の筆までをご紹介しました。

これ以外にも、用途に合わせて色んなタイプの筆が豊富にあるので、使い心地やネイルに合った筆を見つけてみて下さいね!

初心者の方は、まずはネイルキットやセットに付属の筆でも十分です。慣れてきたら筆の使い分けや、アート用筆にも挑戦してみて下さいね。

-セルフネイル
-,

© 2021 美ネイル.