セルフネイル

初心者にもおすすめケアやオフに使えるネイルマシンの選び方!

ネイルマシンに興味はあるけど、選び方や使い方が分からない!

しっかり削れるマシンが欲しい。

ネイルマシンはネイルケアやジェルネイルの付け替えがかなり楽に時短になるので、セルフネイルなら取り入れたい道具の1つ。

最近ではセルフ用のネイルマシンも種類が豊富で、商品によって使い勝手やクオリティも様々です。

ネイルマシンを検討している方に、購入前に知っておきたいマシンの選び方と、おすすめのマシン3選をご紹介します。

ネイルマシンの選び方

ネイルマシン

  • 回転数
  • コンパクトor卓上型
  • 付属品ビット

ネイルマシンを選ぶ際は、主にこの3点を確認して選びましょう!それぞれの選び方を解説していきます。

回転数で選ぶ

ネイルマシンは製品によって回転数が異なり、調整できる回転数の幅も違います。

回転数が高いほどよく削れるためネイルオフに向いています。回転数が低いと少しずつ削れるので、ネイルケアやサンディングに向いています。

ケア~オフまでどの用途にも使える製品であれば、2,000~20,000回転程度で調整できるマシンが良いでしょう。

中には回転数が低く、ネイルオフをしたいのに全然削れず使い物にならないといった製品もあるので、用途に合った回転数に調整できるか確認して選ぶことが大切です。

コンパクトor卓上型で選ぶ

ネイルマシンはハンドピースだけのコンパクトな物から、パワーが安定しやすい卓上型タイプもあります。

セルフネイル用のネイルマシンはほとんどコンパクトタイプが多く、充電式コードレスタイプか、USBで電源に接続し使用するものが一般的です。

セルフで付け替えをよく行う方なら、パワーが安定し回転数が乱れにくい卓上型がおすすめ。ハンドピースとコントローラー本体のセットになっており、最近の製品は本体も手のひらサイズで場所をとならいのがほとんどです。

乾電池式のものはパワーが安定せず回転数が上がりにくいので、ネイルケアやサンディング用に使うのが良いです。

付属品のビットで選ぶ

ネイルマシンは先端にビットを付け、ビットが回転させ削ったり整えたりします。

ビットは色んな形や素材のものがあり、ネイルオフに適したビットや、ケア用の細かなサンディングができるものなど用途に合わせて付け替えて使用します。

ビットが揃っている物を選ぶと始めやすいですが、ビット単品でも買い足すことはできるので、ビットの充実度で選ぶよりも、マシン本体の使い易さやクオリティで選ぶ方が〇!

ビットは消耗品なので、削れなくなったら買い足していきます。

揃えたいビットの種類

  • サンディング用
  • キューティクルケア用
  • オフ用

基本的にはこの3種類があれば十分です。

使いづらい、より細かな調整がしたい場合は形状や粗さの異なるビットを揃えるのが〇。初心者にもおすすめケアやオフに使えるネイルマシンの選び方!

-セルフネイル
-,

© 2021 美ネイル.