ネイルの知識

ネイルサロン初めて行く場合甘皮処理はどうする?ケアの疑問を解決

ネイルサロンに行く前に甘皮の自己処理をした方がいい?

サロンで甘皮ケアしてくれる?、料金は別途かかる?

ネイルサロンに初めて行く場合、サロンのシステムが分からず不安も多くなりますよね。

特に疑問の多いサロンに行く前の爪や甘皮周りのケア、甘皮処理についてをネイリストが解説します!

ネイルサロンに行く前の甘皮処理は行う?

ネイルの甘皮処理

サロンに行く前に、甘皮処理やセルフケアを行う必要ありません

甘皮周りは皮膚がとても柔らかく、適切にケアを行わないと皮膚を切り過ぎたり、皮膚を傷つけ出血してしまうことも多いです。

指先周りに傷ができてしまうと、状態によってはネイルの施術が出来ないこともあります。

甘皮だけでなく自爪をカットしたり形を揃えたりする必要もないので、そのままの状態でネイルサロンに行きましょう!

ネイルサロンでの甘皮処理とは

ネイルの甘皮処理

基本的に甘皮処理は、ジェルネイルの施術に含まれており、別途料金も発生することはありません。

爪表面や甘皮は角質が溜まりやすい部分です。そのままネイルをすると角質や汚れ、伸びた甘皮が邪魔をしてネイルを密着させることができません。

その為、必ずネイルをする前には甘皮処理を含む”ネイルケア”をして爪や皮膚周りを綺麗な状態にする必要があり、施術メニューに含まれていることがほどんどです。

『ジェルネイルアート2本コース(ネイルケア込)』『ジェルワンカラー(甘皮ケア込)』などと表記されています。

甘皮処理の呼び方はいろいろ

甘皮処理は甘皮ケア、キューティクルケア、ネイルケアなどとも呼ばれます。

ネイルサロンのメニュー表記や呼び方が様々なので余計に分かりずらいですよね。

専門的には多少意味が異なりますが、一般的にはどれもネイルケアのことを指して使われている場合が多いです。

  • 甘皮カット:甘皮処理の1つで、伸びた甘皮を切る作業のこと。
  • ネイルケア:甘皮処理を含めた爪全体の角質や汚れの除去する総称のこと。ケアと略して呼ぶこともあります。

甘皮処理(ネイルケア)の施術の流れ

サロンの甘皮処理

伸びた甘皮は爪に貼り付いているので、柔らかくしてから押し上げたり伸びすぎている甘皮はカットして整え、ネイルの施術の邪魔にならないよう処理をします。

同時に爪表面の角質や汚れも除去し、甘皮処理を含むネイルケアを行います。

ネイルサロンで席に通されたら始めにネイルケアを行い、自爪の長さや形を整え(ファイリング)たらジェルネイルの塗布に進んでいきます。

ケアやファイリングを行っている間は、店内のデザインサンプルやカラーサンプルを見て、どんなネイルにするか決めて行きます。

甘皮処理(ネイルケア)が別途発生する場合

ネイルサロン甘皮処理

ほとんどの場合、施術メニューに甘皮処理が含まれると説明しましたが、そうで無い場合もあります。

特に、マニキュアでのカラーリングをする場合にネイルケアが含まれていないことが多いです。

マニキュア(ポリッシュ)カラーリングは施術料金が2,000円前後と低い為、ネイルケアを除いた料金になっていることがほとんどです。

もしくは、”ケアカラー”としてカラーリングとケアがセットになっている場合も。

その他にも、ジェルネイルの料金が格安な場合もネイルケアを含まないことがあります。

ケア除く、ケア別途などと表記されている場合はネイルケア料金が別で発生しますので注意が必要です。

甘皮処理は必ず必要?

甘皮処理(ネイルケア)が含まれていない場合も、基本的に甘皮処理は必要になります!

ネイルケアを行わずにネイル(ジェル,スカ,マニキュア等)を行うと、角質や汚れが邪魔になりネイルが密着しない為どうしても持ちが悪くなります。

他にも色ムラや表面の凹凸、引っ掛かりザラつき、など様々な影響があり仕上がりも良くない為、ネイルケアが含まれていない場合でも、別途ネイルケアメニューの選択が必要になるサロンがほとんどです。

甘皮処理だけもできる?

『ネイルはしないけど、甘皮が気になる』『ネイルケアで自爪を綺麗にしたい』と言う方でも、甘皮処理だけの施術が可能です!

多くのネイルサロンでは、甘皮処理を含めたネイルケアとしての施術メニューがあります。

ネイルケアのメニューには、ネイルケア以外にも爪の形や長さを整えるファイリング、爪表面のツヤだし(爪磨きまたはバッファーとも呼ぶ)、保湿ケアを含んでいることが多いです。

  • ネイルケア料金:およそ3,000~4,000円程度
  • ネイルケアの施術時間:30~45分程度

甘皮処理をすると余分な角質が取れ、爪が縦長になり見た目にもすっきりと綺麗なフォルムになります。ネイルをしないけど、爪は綺麗にしたい!と言う方にはおすすめのメニューです!

通常とは違うウォーターケアとは?

ネイルウォーターケア

ウォーターケアとは、お湯に指先を浸し硬くなった皮膚や角質を柔らかくして行うネイルケアの1つです。

ジェルネイルなどに含まれる一般的なネイルケアはお湯を使わないケアなので、”ドライケア”と呼ばれます。

ウォーターケアは時間を掛けより丁寧に角質や甘皮処理を行うため、爪先や甘皮の角質が溜まりやすい方や、自爪の育成をしたい方、ささくれが気になる方にも適しています。

また、上記のようにネイルケアだけの単品メニューの場合に、ウォーターケアで行うサロンも多いです。

まとめ:欠かせない甘皮処理

今回は、甘皮処理(ネイルケア)について詳しく解説しました!

上記でも解説した通り、一般的にはジェルネイルなどの施術にネイルケアが含まれることがほとんどですが、サロンによってはメニュー設定が異なることもあります。

これからネイルの予約をする方は、選択するメニューに甘皮処理やネイルケアが含まれるかどうか確認してみて下さいね!

ジェルネイルでカラーリングをする
参考初めてのネイルサロン!行く前に知っておきたい施術の流れや施術時間について

続きを見る

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.