初めてのネイルサロン!行く前に知っておきたい施術の流れや施術時間について

初めてのネイルサロン!行く前に知っておきたい施術の流れや施術時間について

「初めてサロンに行くけど、ネイルってどんな流れでするの?」「施術ってどのくらい時間が掛かる?」など、初めてネイルサロンに行く時は、不安や疑問がいっぱいですよね。

初めての方でも緊張せずにネイルの時間が楽しめるよう、行く前に知っておきたい【ネイルサロンの流れや施術についてネイリストがまとめました。今回は主なジェルネイルの施術の場合について解説します。

 

ネイルサロン来店後にする事

サロンでカルテを書く

予約時間には間に合うように来店しましょう。遅れてしまうと施術時間が短くなり、したいアートやデザインができない事もあるので気を付けて下さい!

カルテやアンケートに記入します

カルテやアンケートは、お客様の爪や皮膚の状態、デザインやカラーの希望を知る為のものです。再度お客様が来店された際にも、その都度カルテを確認し爪の状態やネイルの好みなどを確認できるようにしています。ですので、ネイリストに伝えておきたいことや要望があれば、どんなことでも記入して下さいね。

カルテやアンケートの記入がない場合もありますが、そう言ったサロンでは担当したネイリストが施術後にカルテを作成している場合もありますよ。

席に案内されたら、施術スタートです。

ネイルケアで爪周りのケアや長さを整える

ネイルサロンで爪のケアをする

施術をしながらでも、分からないことや爪の悩みなどがあれば、遠慮せずにネイリストさんに質問や相談をしてみて下さいね。もし、ネイルが爪に付いている場合は、オフをしてから下記の工程に進みます。

爪の長さ形を整える

希望の長さや形を伝えればOKです。ネイリストさんがファイルで長さや形を整えてくれます。

甘皮ケア・ネイルケア

ケアをする事で爪周りや爪表面の余計な角質やささくれをケアします。ネイルのもちも良くなるのでネイルケアは欠かせません。(来店前の爪切りやセルフでの自爪ケアは、しなくて大丈夫です。)

ケアは基本的に施術料金に含まれている場合がほとんどですが、たまにジェルの料金とケアの料金が別途の場合もあります。そういった場合には、料金の説明があるのでケアをするかしないかを、選べる場合もあります。でも出来る限りケアを行った方がジェルネイルの密着が良く、ネイルが長持ちしますよ。

Point!:【完成まで爪や、顔、髪の毛、毛やゴミの付くものを触らない!】

ケアの後は、爪の表面についた皮脂などの油分を除去をしています。爪の余分な油分を拭き取ることで、ジェルの密着を良くしているんです。油分除去をしたのに、爪の表面に触れたり、顔を触りファンデーションを付けてしまったりすると、油分が付き、そこからネイルが剥がれやすくなることもあるので気を付けましょう。毛やゴミもジェルに付くと取り除くのが大変なので、最低限は付かないよう気を付けます。

ネイルのデザインを決める

ジェルのカラーを決める

デザインやカラーは、ケアをしながら、またはオフをしながら決めていきます

サロン内のカラー表やサンプルを見て決めても良いですし、候補のデザインを決めて来た場合は、画像をネイリストに見せたりしましょう。デザインやカラーを悩み中の場合はネイリストに相談してみて下さいね。何か良い提案ができるかも知れません。

予約したメニューの範囲内ならもちろん施術は可能ですが、もう少しデザインやストーンを追加したい、変更したいなど希望があれば伝えてもOKです。可能な範囲内で対応してくれます。

注意一人あたりの施術時間は決まっているので、長時間悩んでしまうと施術が進まず、出来るデザインも限られてしまう場合があります。ですので、ある程度やりたいデザインやカラーを決めておくと良いですね。

ネイルサロンに行く前の準備についてはこちら。→【初めてのネイルサロンの選び方と、行く前の準備

料金について】追加料金などがある場合は、アート決めの段階で教えてくれるサロンが多いです。もし料金説明が無ければネイリストに直接聞いてもOKです。予算に合わせてたアートの提案もしてくれますよ。

ジェルを塗ってアートをする

ジェルネイルでカラーリングをする

デザインやカラーが決まったら、今度はジェルを塗っていきます。

ジェルが初めての方は、ジェルってどんな事をするんだろう?と不思議に思いますよね。ジェルはライトの光に当てると、すぐに固まるネイルです。なので、施術中はジェルを塗る→ライトに手を入れるの繰り返しになります。

その都度、ネイリストさんからも説明や指示があるので心配しないでくださいね。ここでは、ざっくりとしたネイルの流れを知っておく程度の気持ちで大丈夫です。ジェルを塗る流れはこんな感じです。↓

・ベースジェルを塗る:自爪のケアが終わったら、自爪に透明なベースジェルを塗ります。ベースを塗る事で爪の表面を滑らかに整えたり、ネイルの密着をよくします

・カラージェルを塗る:希望のカラーを塗ります。

・アートをする:希望のアートをします。

・トップジェルを塗る:カラーやアートやが完成したら、最後にトップジェルを塗りコーティングします。

・ジェル表面を拭く:拭く場合と拭かない場合があります。拭く場合は表面にべたつきが残るタイプのジェルを使用している場合です。

【これで完成です。】

ネイルの施術が完了

ジェルの場合は施術が終わったら、表面を触っても問題ありませんマニキュアの様に乾かしたり、ぶつけないように気を付けたり心配をしなくていいのが、ジェルネイルの魅力ですね。すぐに普段通りに手先を使ってOKです。

 

ネイルの施術にかかる時間は?

ネイルの施術時間

「次の予定までにネイル終わるかな」「どのくらいの施術時間を考えていたら良いの?」と、施術時間は気になるところですよね。

基本的には設定されている施術時間がありますが、サロンによって、ネイリストさんによって、デザインによって、爪の状態によって時間の長さは前後するので注意が必要です。

基本は予約時に提示される時間

予約はホットペッパービューティーでする方が多いと思いますが、ホットペッパービューティーなら予約画面に所要時間が表示されます。時間が表示されるサロンは、主にその時間内で仕上がることが多いですが、状況によっては長引くこともありますので、30分程度多めに時間のゆとりを取っておくとベストです。

ジェルネイル目安時間(オフが無い場合)】

・シンプル:1時間~(1時間半)

・アート多め:2時間~(2時間半)

また、自分が選択したメニューより時間のかかるデザインに変更した場合などは、表示の時間よりも長引くことがあります。その場合にはネイリストさんからも、その旨を伝えてくれますので心配は要りません。ホットペッパー以外の予約方法の場合、時間の提示が無ければ、事前の問い合わせをすると確実です。

もし、次の予定がある場合は伝えておく

もし、ネイルの後に何か予定を入れている場合や、早くネイルを終わらせたい場合は、事前にネイリストに伝えておきましょう。席に着いた際、ネイリストから予定の有無を聞かれることもありますが、聞かれなかった場合は、はっきりと伝えることでネイリストも作業の時間配分を考えられ、とても助かります

 

施術後:ネイルを長持ちさせる、ネイルが浮いてきたらすること

施術後のジェルネイル

・保湿することでネイルが綺麗に長持ちします。

・ネイルを付けたら、生活の中で少しでも指先に気を付けて生活をする。

・ネイルの付け替え時期を守っていないとカビが。。

について、下記の記事に詳しくまとめました。こちらも合わせて読んでみて下さい。↓

【ネイルを長持ちさせる方法とは?ジェルが浮く、剥がれる前に気を付けたい事】

初めてのネイルは緊張もすると思いますが、リラックスして行ってきて下さいね~!

 

ネイルの知識カテゴリの最新記事