ネイリストの仕事で知っておきたい大変な事、辛いこと

ネイリストの仕事で知っておきたい大変な事、辛いこと

ネイリストに憧れて就職したのはいいけど、仕事が辛い、大変だと思う事も出てきます。

 

ネイリストはどんな事に苦労しているのか?」

これから就職を考えているけどどうしたら長く続けられるのか?

就職前に知っておきたいネイリストの仕事の大変さ、について解説していきます。

 

 

ネイリストの仕事で大変なことって?

・仕事もしながら日々の練習が大変

ネイリストに就職したての頃は、仕事が終わってから練習をしたり、家に帰って練習をしたり、仕事以外の時間も練習に時間を割くようになるので、中々ゆっくりできない日々が続くこともあります。

大変かも知れませんが、家に帰って1日30分でも、1時間でも毎日練習すると上達が早いです

毎日コツコツとが大切です

 

 

・今まで練習してきた技術とは違って、技術習得が大変だった

検定を取得した人や、そうでない人もサロンに就職すればそのサロンの「やり方」があるので、今までと違う技術方法であったり、手順であったり慣れるまでに大変だと思うこともあるようです。

ケアの方法が違ったり、マシーンでオフやケアをしたり、フィルインを導入していたり、そのサロンによって技術方法って本当に違うんですよね。

 

でもネイルが綺麗に仕上がれば良いでしょ?と思いますがそうでは無いです。

どのスタッフが施術を担当した時も、安定した一定の技術を提供する事が大切です。なので、サロンのやり方を統一して、同じ技術を提供できるようにしている訳です。

就職したいサロンが決まっていれば、どんな技法を使っているか、お客様として体験しに行ってみることも大切です。

 

 

・就職したての頃は給料が少ない

他の職業でも就職したての頃はあまり高い給料とは言えませんよね。

技術力も上がり接客できる人数も増えれば給料アップも目指せるので、上記のような普段の積み重ねが頑張りどころです。

 

 

・施術中も会話をしながら対応するのが大変

施術だけすれば良いと言う訳ではないので、お客様とのコミュニケ―ションも大切です。

色んなタイプのお客様がいらっしゃるので、話が合わない、ネイルの好みが違う、など苦手なタイプの方もいると思います。

 

ですが、会話が弾まなかった時も唯一ネイルが好きと言う共通点はありますよね。

ネイルを丁寧に綺麗に仕上げれば自然とお客様も満足感を得られると思います。

その為にも、しっかりとした技術力を身に付けておく事が大切です。

 

 

・最新の流行りのデザインを常に把握しておかなければならない、流行りのリサーチが大変

最近はSNSなどで流行もチェックしやすいので、お客様も流行りに敏感です。

そのデザイン知らない。やり方が分からない。なんてことが無いように、

常に流行をチェックすることも必要です。日々の練習でも流行のデザインを予習、練習しておくと、いざと言う時に対応できますよね。

 

また、施術以外の空いている時間でネイルのサンプルを作ることもあります。そう言った時にデザインするアートや人気の出そうなサンプルを作る為にも、デザインを豊富にストックしておくことも大切です。

 

 

・お店によっては人間関係が大変なところも

こればかりは就職してみないと分からない事なのでどうしようもないですが、就職前であれば一度お客さんとしてサロンに行ってみて、スタッフ同士の会話の様子などを見てみる事もお勧めです。

スタッフ同士の関係はお客様にも伝わってくるものなので、関係が良好なサロンを選びたいですね。

 

理想の仕事とは違ったと思っても、、

ネイリストは一見、華やかなお仕事に思われる方も多いです。華やかに、楽しそうに仕事をしているネイリストを見て就職や転職を考える方もいます。

でも、実際はこんなに大変なんだ、と思うような見た目の華やかさとは全然違う辛さがあるんです。

 

ネイルの勉強や検定取得の為に練習をして、サロンに就職できても練習、プロネイリストになっても練習、意外と地味なお仕事です。でも綺麗に仕上がった時やお客様が喜んでくれた時に仕事が楽しいと感じられると思います。

努力した分、やりがいに繋がる仕事だと思うので、大変な時もあと少し頑張ってみて下さい。きっと、ネイリストになって良かったなと思える日が来ると思いますよ。

 

 

ネイルサロン就職カテゴリの最新記事