ネイルの知識

ネイルチップの種類と違い!爪に合うカーブやサイズが分かる

ネイルチップによって合うものと合わないのがある。購入時はどんなチップを選べばいい?

ネイルチップは海外製や国内製、メーカーによってもいろんなサイズやタイプの違いがあります。

好みのデザインであっても、爪に合わないなんてこともよくありますよね。

  • チップの種類と違いが知りたい
  • 自分の爪に合うチップが知りたい
  • チップ購入で失敗したくない
  • 爪に合うチップが作りたい

こんな方に、爪に合うカーブやサイズが分かるネイルチップの種類と違いを解説します!

ネイルチップ製品の違い

ネイルチップの種類

ネイルチップは製品によって違いが大きくあります。

国内メーカーのネイルチップは素材もしっかりとしたものが多く、日本人の爪の形やカーブに合ったタイプが多いです。

少し割高ですが適度な厚みもあり、丈夫で割れにくく折れにくいチップが多く繰り返しの使用や、長期間使用に適しています

海外メーカーや海外生産のネイルチップは、カーブがきつめで長めのものが多いです。海外の方は自爪のカーブが強めで、長めのネイルを好む方も多い為です。

価格の安いネイルチップは、薄めに作られており柔らかいチップがほとんどです。

コスパ良くネイルチップを作りたい場合や、グルーで接着し1度きりのチップとして使用する場合に適しています。

ネイルチップの種類と違い

チップはここを確認!

  • 長さ
  • カーブ

ネイルチップによって形や長さ、カーブは様々です。

それぞれの違いや種類を確認し、自爪に適した好みのチップを選びましょう!

ネイルチップの形

  • スクエア
  • スクエアオフ
  • オーバル
  • ラウンド
  • ポイント

主なネイルチップの形です。

日本ではオーバルやラウンドが一般的で、既製品のネイルチップはゆる丸な形のものが多いです。

ネイルチップをオーダーする場合は好みの形で作成してくれる場合もあります。

チップは削って好みの形を作成できますので、自作する場合やオーダーの場合も細かい調整が可能です。

ネイルチップの長さ

  • ショート
  • ミディアム
  • ロング

ネイルチップの長さはショート、ミディアム、ロングの3種類が一般的です。

メーカーが違えば同じショートでもチップの長さは異なりますので、購入時は実寸の長さを確認するように注意しましょう!

この他にも長さの種類が細かく分かれていたり、表記がS,M,L,LLなどの場合もあります。

ショートオーバルやミディアムラウンドなどと、形と長さを合わせて表記されることも多いです。

ネイルチップのカーブ

ネイルチップのカーブは表記が無い為、一番確認が難しい部分です。

カーブ具合はチップ側面の図を参考にする、またはカーブ幅で確認するのが一般的です。

カーブ幅とは柔らかいメジャーを使いカーブに合わせて測った時の横幅です。

定規等で測る直線距離カーブ幅の両方を測定し、どちらの数値も近いものを選ぶとカーブに合ったチップが選べます。

直選距離とカーブ幅が近いほどフラット、数値に差があるほどカーブがきつめと分かります。

自爪のカーブ具合は指ごとに異なりますので、1つ1つ丁寧な計測が必要になります。

爪の長さ・幅の計測方法

自爪の幅や長さカーブを計測する際は、適切に行いましょう!

誤った測り方をしてしまうと、せっかく計測して選んだのに小さすぎる・大きすぎるなどズレが大きく出てしまうこともあります。

  • ①計測する位置を確認する
  • ②カーブ幅・直線距離を間違えない
  • ③過去の計測データは使用しない

①計測する位置を確認する

長さは爪やチップの中央を計測し、幅は一番広い部分を計測します。

計測位置がずれていると自爪によっては幅や長さが大きく異なることもよくありますので注意しましょう!

またネイルチップの購入先で指定の測定方法がある場合は、従って適切に計測しましょう。

計測に不安があるときは

『ちゃんと測ったけど不安、大きすぎたり小さかったらどうしよう。』と言うときは、計測よりも0.5~1㎜大きいチップを選びましょう

チップが大きい場合削って調整できますが、チップが小さい場合は直しようがありません。

サイズ違いによる返品はできないことも多いですので注意しましょう。

②カーブ幅・直線距離を間違えない

自爪を計測する時は、カーブ幅なのか、直線距離なのか間違えないように気を付けます。

また、ネイルチップ製品に表記されているサイズも、カーブ幅なのか直線距離なのか混同しないように確認しましょう。

③過去の計測データは使用しない

爪は、周りの皮膚や爪の状態によっても幅や長さが異なります。

できるだけチップを購入する直線に計測するようにしましょう。

特に季節によって爪や皮膚の水分量に変化がある場合は、サイズが異なることもあります。

ネイルチップの購入時は丁寧な確認を

いかがでしたか?

今回はネイルチップの種類と違いについて解説しました。

可愛いネイルチップが爪に合わないなんてことは勿体ないので、購入前は丁寧なサイズ確認を行ってみてくださいね。

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.