ネイルの知識

パラジェルとは?メリットとデメリット他のジェルとの違いを解説!

パラジェルが良いって聞いたけど、他のネイルとどう違うの?

ネイルサロンでも取り扱いの多いパラジェルですが、一般的には「削らないジェル」や「爪に優しい、持ちが良い」などと聞くことも多いかと思います。

ですが、爪との相性やネイルのやり方によって、メリットやデメリットもあります。

パラジェルの施術を受ける前に、パラジェルを使用する前に知っておきたいメリットデメリットと、他のジェルとの違いを解説します。

パラジェルとは?

パラジェルのメリット

パラジェルの一番の特徴は、サンディングなしでネイルができると言うことです。

通所のジェルネイルは自爪にサンディングを行い、爪にできた溝にジェルが入り込むことでネイルが密着します。

パラジェルはサンディングを行わなくてもジェルが密着する仕組みなので、自爪の負担を減らしてネイルができます。

パラジェルと一般的なジェルとの違い

一般的なジェルネイルは付け替えの度にサンディングを行いますので、ダメージが蓄積されてしまいます。

爪の状態や施術によっては折れやすくなったりすることもあります。

パラジェルはサンディングをしない為、ネイルを続けても爪を健康的に保つことができます。

傷んだ爪もパラジェルで施術を続けることで、傷んだ部分が伸びきり綺麗な自爪を育てることができます。

パラジェルのメリット・デメリット

パラジェルはメリットも沢山ありますが、デメリットもありますのでどちらも理解したうえで、施術を受けることが大切です。

パラジェルのメリット

  • サンディングが必要ない
  • 爪の傷みを減らせる
  • 健康的な爪の場合は持ちが良い

パラジェルのデメリット

  • オフがしにくい
  • 適切な取り扱いを学ぶ必要がある
  • ダメージのある爪には持ちが悪い
  • 取り扱いサロンが限られている
  • 施術料金が高い

サンディングなしで塗布できる為、通常のジェルよりも密着力が高くなります。その為、一般的なジェルに比べるとオフしにくいと感じることもあります。

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.