ネイルの知識

スカルプチュアネイルの爪を傷めない適切な付け替え頻度とは?

スカルプは早く取れたり折れたりして早い周期で付け替える事も多いですよね。

ですが、スカルプは短い周期で付け替えを行っていると爪へのダメージが大きくなってしまいます。

スカルプネイルを繰り返しても爪が傷まない適切な付け替え頻度について解説します。

スカルプネイルの適切な付け替え頻度とは

スカルプは3~4週間での付け替えが適切です。

スカルプの施術の仕方や生活によっても周期は異なりますが、3週間以内での付け替えは爪への負担が掛かり過ぎてしまいます。

爪のダメージが大きくなるとスカルプの密着も悪くなり、取れやすい悪循環になってしまいます。

爪を傷めないスカルプの付け替え方法

スカルプはジェルネイルと同様に、アセトンで溶かしてオフをします。

毎回全部オフして新たに付ける方法がスタンダードですが、スカルプの場合は爪の負担を少しでも減らせるようにフィルインでの付け替えがおすすめです。

スカルプネイルのフィルインとは

フィルインはアートやカラーだけを削り落とし、根本の伸びた部分にスカルプを埋めて形を整えて新しいカラーやアートを行い仕上げる付け替え方法です。

全てオフをしないので爪のダメージを抑えることができます。

-ネイルの知識
-

© 2021 美ネイル.