セルフネイル

セルフネイルにおすすめのカラージェル!初めに揃えるべき色の種類

2022年3月25日

ジェルネイルを始めたいけど、どの色を買うべき?

欲しいカラーが沢山あるけど、コストを抑えたい。

ジェルネイルは色んなカラーを揃えたくなりますよね。でも、いろんな色味のカラージェルを揃えようとすると、コストも高くなってしまいます。

初めての場合は沢山のカラージェルを購入するより、色んな色に調整できる基本となるカラーを買うのがおすすめ。

セルフネイルではじめに揃えたいカラージェルを解説します!

カラージェルは混ぜて好みの色に

カラージェル

カラージェルは、混ぜることで自分好みのオリジナルカラーを作ることができます。

ですので、持っていないカラーでもジェルを混ぜて再現できる為買い揃える必要はなく、元になる最低限のカラーがあれば十分。

ネイルサロンでもネイリストさんがジェルを混ぜ、色を作っている様子を見たことがある方も居ると思います。

ただしジェルを混ぜる時は、必ず同じメーカーのカラージェルを混ぜましょう

ジェルはメーカーによって配合される成分が異なります。

違うメーカー同士を混ぜることで分離したり、色ムラができたり、硬化しないなどの状態が起こることもある為、混ぜる場合はメーカーを揃えて使用します。

※ベースやカラートップコートは、それぞれ異なるメーカーを使用してもOKです。

揃えるべきカラージェル

赤・黄・青・白・黒

はじめに揃えておきたいのは、色の三原色に沿った赤・黄・青。この3色があれば、混ぜる配合を変えるだけで作れるカラーは無限になります。

そこにを加えればより薄い明るいカラー、パステルカラーに。を加えればくすみカラーや、深みのある色になります。

持っていないカラーも作ることができるので、少ないジェルで欲しいカラーを再現できるので、まずこの5色を揃えるのがおすすめ!

流行りのカラーを再現する方法

ジェルでアートをしたい場合や、ワンカラーでも肌馴染みの良いカラーが欲しい場合は、少し透け感のあるシアーカラーが定番。

そんなシアー感はクリアジェルを混ぜるだけで再現することができます!

混ぜる際に使用するクリアジェルは、手持ちのベースジェルやトップジェルでOKです。

色混ぜに使う専用のミキシングジェルを用意しているメーカーもありますが、基本的に不具合が無ければ手持ちのクリアジェルでも十分です。

ジェルを混ぜて作り置きする場合

好みのカラーを大量に作ってストックする場合は、半年程度で使い切れる量にしておきましょう!

混ぜ合わせたら空きのコンテナ容器に詰め替え保管します。

ジェルを混ぜ作り置きしておくと、分離しやすく変色する場合もあります。長期間使わない場合は特に劣化しやすくなるので、作り過ぎに注意です。

まとめ

今回は、ぜひセルフネイルに取り入れて欲しいおすすめのカラージェルについて解説しました!

これからジェル用品を揃えようと思っている方や、手持ちのジェルにはないカラーを作りたい場合にはぜひ参考にしてみて下さね。

-セルフネイル
-,

© 2021 美ネイル.