セルフマニキュアネイルの失敗しないコツとは?

セルフマニキュアネイルの失敗しないコツとは?

 

自分でマニキュアを塗るとやっぱり上手くいかないとか、ヨレてしまったり、すぐ剥げちゃったり、なかなか思うようにはならないですよね。

ここでは、セルフネイルでも綺麗に仕上がるマニキュアの扱い方のコツを解説します。

 

ベースコートを塗るだけでいつもより綺麗に!

だいたいの方は普段マニキュアを塗る時に、カラーを直接爪に塗ってしまいますよね。

「ベースコートとか塗らなくても問題ないでしょ?」と思いがちですが、塗っておくとより良いことばかりなので、ここで解説します。

 

ベースコートの作用とは?

・色素沈着を防ぐ

濃いカラーならもちろんですが、数日間マニキュアを塗ったままにすると、オフした時に爪がオレンジ色やくすんだ色に変色してしまうことがありますよね。

カラーマニキュアを直に塗ると色素沈着を起こし、爪の色が変色してしまいますので、沈着を防ぐ為にもベースコートは大切です。

 

・マニキュアの持ちが良くなる

マニキュアってせっかく塗っても、生活をしているとすぐに剥げてきたリしますよね。

でもベースコートを塗ると密着が良くなり、剥げにくくなりますせっかく綺麗に塗れたなら長持ちさせるためにもベースコートを塗っておくのがオススメです。

 

・滑らかに綺麗な仕上がりになる

爪は乾燥や傷で凹凸があったりすると、そのままマニキュアを塗ってもムラになったりデコボコして汚く見えたりします。

特にセルフネイルの場合はムラなく塗ることはしいと思いますがベースコートを塗ることで下地をフラットに整え、上に塗るカラーマニキュアがムラなく綺麗にツルンと塗れ、ジェルネイルの様な綺麗な仕上がりになります。

 

トップコートで、いつもより長持ちネイルに

トップコートも普段はあんまり使わない方も多いと思いますが、マニキュアって生活に何日も耐えれるほどの密着度がありません。少しでも綺麗な塗りたての状態をキープできるように、トップコートを塗って保ちましょう。

トップコートを塗ることでカラーマニキュアがよれたり、崩れたりしてしまうとベースから塗り直さないといけなくなるので、仕上げのトップコートを綺麗に塗布するコツをまとめました。↓

 

・トップコートはサラサラで

ベースやカラーのマニキュアと同様トップコートもサラサラの状態で塗ってください。ドロドロしていると気泡が入ったり、乾きにくくヨレやすい原因になります。

 

・少なくてもダメ、多くてもダメ

トップコートの塗布量は少なくても多くてもダメです。

かすれない程度で、垂れない程度の量を塗布しましょう。垂れないようにハケの片面だけにマニキュアを取ります。

 

・1,2,3回で塗る

何回もハケを動かしペタペタすると乾ききっていないカラーがよれてしますので、ハケで上から下に3回程度で塗り切る事がポイントです。

 

・爪の先端にも塗る

エッジと言われるのが爪の先端部分です。

爪の厚みが確認できる先端に、トップコートを少量なぞるように塗ります。こうする事で生活での負担から少しでも先端の剥げを抑えることが出来ます。

先にエッジをなぞるようにサッと塗り、続けて表面をサッと塗ります。

 

綺麗に塗れない、を解消するコツ

・皮膚との隙間を空ける

皮膚周りは1~2㎜隙間を空けて塗ります

「ぎりぎりまで塗りたい」と思いがちですが、結局皮膚にくっ付いたりしてカラーが滲み汚くなるので、あらかじめ隙間を空けておきましょう。

プロであれば、キワのぎりぎりまで塗る事も可能ですが、しっかりケアが出来ていないと難しいことなのです。。

 

・皮膚を引っ張る

少しでも皮膚にマニキュアが付かないようにするために、皮膚を軽く押し下げたり持ち上げたりすると爪のキワも見やすく失敗しにくいです。

 

マニキュアを重ね塗りしても、ムラをつくらないコツ

マニキュアを重ね塗りしているとどうしても、ムラができたり、ダブついたりしますよね。

でも、1回塗りだとカラーが綺麗に発色しなかったり、薄付きだったりパッとしないマニキュアネイルになることも多いと思います。

今日から、ムラにならず失敗しないコツを実践して、悩みを解消しましょう。↓

 

・その都度しっかり乾かす

当たり前のことですが、意外と急いでいる時や、せっかちさんの場合は乾きを待たずに2回目、3回目と塗ってしまうことも多いと思います。

でも、結局失敗するなら、手間を惜しまずしっかり乾かし時間を設けて下さい。

 

自宅の場合はヘアドライヤーで乾かしたり、冷風で乾かすのが早く乾くコツです。(夏でも冬でも冷風がオススメ)完全に乾かすのは大変なので、ある程度表面がサラっと触れる程度でOKです。

例:ベースコート塗布→冷風→カラー塗布→冷風→トップコート→冷風しっかり

 

 

マニキュアがドロドロする?簡単にサラサラ復活できます。

買ったばっかりのマニキュアは、もの凄くサラサラなんですよね。でも使っているうちに時間が経つとドロっとしてきます。。

ドロドロしている状態ではもちろん綺麗に塗れないし失敗の原因にもなるので、必ず使う時は、サラサラの状態のマニキュアを用意しましょう。

 

・どろどろしたマニキュアをサラサラにする方法

うすめ液を使いましょう。

うすめ液は、マニキュアと一緒に販売されている場合もありますし、ネットでも販売されているので手に入れやすいです。

数滴をマニキュアに混ぜ、軽く馴染ませるようにボトルを振ると薄め液が混ざりマニキュアがサラサラに復活します。

何回でも利用可能なので、またドロついてきたらうすめ液で改善させて使いましょう。入れすぎはマニキュアのカラーが薄くなるのでNGです。

 

まとめ

今回は、失敗しやすいポイントをいくつか絞ってまとめてみました。

ちょっとした手間を掛けることでいつもより仕上がりが良く、長持ちするセルフネイルが完成するので、ぜひ試してみて下さい。

セルフネイルカテゴリの最新記事