ネイルの知識

【深爪矯正】ネイルサロンで行う矯正方法スカルプとジェルについて解説

ネイルサロンに行く

 

『深爪矯正ってどんなことするの?』

『矯正方法の違いとメリットって?』

 

今回は、ネイルサロンでの深爪矯正について、解説していきます。

これから矯正をしようか迷っている方、矯正について知りたい方はぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

ネイルサロンの深爪矯正とは?

 

ネイルサロンで行う深爪矯正には主に2つあります。ジェルスカルプの方法です。また、同時にネイルケアも行い、爪を育てていきます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ジェルネイルによる深爪矯正

 

  • ジェル矯正が向いている方:噛み癖・むしり癖がひどくない方
  • ジェルの特徴:柔軟性もありながら、厚み強度を出すことができます。

 

ジェルはソフトジェルとハードジェルの2種類あります。矯正の場合はハードジェルを使用するサロンが多いです。ハードジェルならオフをせずに付け替えができ(フィルイン)、ソフトジェルよりも強度があるため、矯正に向いていると言えます。

また深爪で長さがない方も、ハードジェルなら5㎜程度まで長さだしが可能です。(ジェルでの長さだしを推奨しないサロンもあります。)

 

ジェルは浮いてきた(剥がれきた)箇所や、先端などから強引にむしってしまうことも可能なため、むしり癖が強い方は触り過ぎないよう普段からの心掛けが必要です。

スカルプ矯正にも共通することですが、ネイルを強引にむしることで、自爪の層が一緒に剥がれて爪が薄くなったり、伸びた部分がすべて剥がれたりとかなりのダメージを受けます。

 

ジェルネイルはカラーやアートも多様で矯正を兼ねながらオシャレもできます。また、ネイルを付けていないような自爪に近いナチュラルな仕上げも可能です。

 

スカルプによる深爪矯正

 

  • スカルプ矯正が向いている方:むしり癖・噛み癖が強い方
  • スカルプの特徴:ジェルよりも強度がある、長さだしも自由

 

矯正は主にスカルプで行うサロンが多いです。

ジェルよりも硬さ強度があり、好きな厚みや、長さにすることが可能です。
ですが、深爪の方は5㎜以上の長さだしを控えた方が無難です。ピンクの部分(ネイルベット)が小さいため長さを出し過ぎると、支えられずに折れやすく割れやすくなる為です。

 

スカルプはジェルよりも密着度が高く強度もあるので噛んだり、むしろうとしても、力ずくではない限り取れません。本当に無理矢理剥がしてしまうと、自爪ごと無くなってしまう可能性もあるで要注意です。

爪切りでギリギリまでカットしてしまう癖のある方は、スカルプがとても有効的です。硬すぎて爪切りではカット出来ない為です。4週間以内にサロンに通い、長さの調節をしていきます。

スカルプもナチュラル~デザインまで多様にでき、付け替えも毎回オフすることなく付け足し(フィルイン)が可能です。

 

ネイルケアで深爪をより綺麗にしていく

ネイルサロンのケア

 

サロンでの深爪矯正はジェルやスカルプの施術と合わせて、ネイルケアの施術がとても大切です

ネイルケアで甘皮処理をしっかり行うことで、爪が綺麗に伸びやすく、爪の形も改善していきます。ケアを行うことで余分な角質が取れ、ネイルベット(ピンクの部分)が長く見え縦長でより綺麗な爪になります。

またケアを定期的に行うことでオイルや美容液が浸透しやすく、普段の保湿ケアがより効果的になり、柔軟性のある健康的な爪になります。

 

 

深爪矯正の料金相場・施術時間は?

 

  • 料金相場:5,000~20,000円程度(1回あたりの料金)
  • 施術時間:1時間~2時間半
  • 通う頻度:3週間~4週間に1度
  • 矯正期間:3カ月~

 

料金相場の違い

 

地域や場所によっても料金相場はかなり違いがあります。また、矯正を得意とする専門のサロンであれば一般的なネイルサロンよりも施術料金は高くなります。

矯正専門サロンと一般的なサロン、どちらもジェルやスカルプ,ケアの施術を受けられるのは一緒ですが、専門サロンの方がより矯正についての知識と技術があり爪改善を目的とした施術を受けられます。

深爪の度合が軽度、噛み癖,むしり癖がひどくない方の場合は、一般的なサロンでネイルを付けることにより自然と深爪が解消する場合もあります。

 

通う頻度について

 

一定の期間でネイルを付け替える必要があるため、3~4週間程度のペースで通い続けることになります。期間を空けすぎると爪が伸びすぎて、折れたり、割れたり、グリーンネイルなどのトラブルの元となります。推奨された期間内に通うよう、気を付けましょう。

 

矯正の期間は人によります

 

軽度の深爪なら、3カ月程度でだいぶ改善されます。爪は1カ月に3㎜程度伸びるので、今ある爪が綺麗に生え変わる3カ月後から徐々に変化が見られます。

深爪の重度な方や、ネイルベット(爪のピンクの部分)が小さくなってしまっている方は半年以上の期間がかかってしまうでしょう。

また、矯正中にも噛み癖・むしり癖などを繰り返すと長い期間を要します。

 

 

最後に:サロンでの矯正をおすすめする理由

 

やはり自分でのケアや矯正には限界がありますよね?自分なりに矯正やケアを頑張っても、なかなか綺麗にならなず悩む方も多いと思います。

でもプロの力を借りることで、1度の施術でも見違えるように爪が綺麗になるを実感できるはずです!

矯正は安くはありませんし、長期間通い続けることも大変だと思います。ですので、最初は気軽にネイルケアだけを受けてみるのもオススメです。ケアをするだけでもネイルベットが縦長になり爪が綺麗になりますよ。

ケアを受けながらネイリストさんに深爪の相談をするのもいいと思いますし、詳しいメニューの説明などもゆっくり聞くことができます。

これを機に、深爪改善のきっかけに繋がればと思います!

 

深爪のネイル
おすすめ記事【深爪のセルフケア】深爪になる原因と自分で改善するための方法3つ

続きを見る

 

 

 

-ネイルの知識
-

© 2020 美ネイル Powered by AFFINGER5