セルフネイル

かかとのカサカサをケア!乾燥角質も厳選クリームでつるつる綺麗に

2019年10月8日

ふと足元を見ると、「かかとが汚い、、!」「乾燥でカチカチ。」なんてこともありますよね。なかなか目に入らないかかとですが、普段の生活の中では、とても酷使されている部分でもあります。

見られても恥ずかしくない、綺麗なかかとに。冬場のカサカサの乾燥が気になり始めた方に。ツルツルかかとになれる保湿クリームをご紹介します。

保湿クリームの選び方

かかとの保湿をする

かかとクリームと言っても、商品によって含まれている有効成分の違いはとても大きいものです。自分のかかとの状態に合った、効果の出るクリームを選ぶことが大切です。

かかとの状態と適切なクリームの種類

かかとが硬い、分厚い ☞尿素+うるおい成分+保湿成分

かかとが白い、乾燥する ☞うるおい成分+保湿成分

かかとがひび割れる、ひっかかる ☞潤い成分+保湿成分+修復成分

もちろん、より多くの成分が入っていれば良いのですが、クリームによっては含まれている成分に偏りがあります。油分系や水分系、ビタミン系など使用するクリームが”どんな効果を持っているのか”を把握して使用する事が大切です。

【尿素配合タイプ】

尿素は、硬く分厚くなった(角質化した)余分な皮膚を剥がれやすくしてくれます。白く、ガチガチに硬くなったかかとにおすすめです。

硬いかかとにはいくら保湿をしても、すぐに乾燥してしまう為、なかなか効果を得られません。まずは分厚くなった硬い皮膚を、柔らかいスベスベの肌に生まれ変わらせる必要があります。その為にも、尿素の力を借りて皮膚のターンオーバーを促し、柔らかな皮膚へと改善させましょう。

反対に、敏感肌の方や皮膚の薄い方は尿素配合タイプを使用する事で荒れてしまう可能性もあるので、注意です。

【潤いを与える成分】

ヒアルロン酸、ビタミンC、コラーゲン、スクワランなどは、うるおいを与えてくれる成分です。かかとを、ふっくらと柔らかく保つためには、皮膚の内側からしっかりと潤いを与えることが大切です。

【保湿力のある成分】

ワセリンやオイル成分(~油、~オイル)などは、皮膚の水分を逃がさず保湿を手助けしてくれる成分です。潤いを与えただけではすぐに乾燥してしまうので、フタの役割となる保湿成分が入っているタイプを選ぶことも重要です。また、油分は皮膚表面のカサつきや荒れを、素早く落ち着かせてくれるので、かかとのひっかかり、ゴワつきにおすすめ。

【修復力のある成分】

ビタミンE、アロエエキスは、乾燥によるひび割れ、ガザつきを起こしている方におすすめ。皮膚割れの改善、修復をサポートし、荒れた皮膚の状態を良くしてくれます。ガザガザが酷い方や、皮膚がめくれて引っかかるなど荒れている方は、保湿、潤いと共に修復力のあるタイプで肌の状態を改善しましょう。

おすすめのかかとクリーム9選!

クリームの特徴使い心地の良さを徹底比較しました。クリームのタイプごとに、おすすめを紹介していきます。☟

【尿素配合】ふっくら柔らかなかかとに

素早くかかとを綺麗にしたい方に。尿素配合タイプは多少ベタつきや、付け心地が重たく感じることもありますが、その分効果は得られやすいです。

3位:旅美人/かかとつるつるクリーム

参考価格:1,188円(税込)

温泉宿にも置かれている、人気の尿素配合タイプクリーム。油分成分は多くないので、すぐにはツルツル感を感じられませんが、継続することでかかとが段々と柔らかくなります。
クリームはもったりとした感じですが、付け心地は重たくなく使いやすいです。手にも使える無香料タイプ。コラーゲン入りで、塗った直後はしっとりとした仕上がり感。
ベタつき ★★
尿素 ★★
保湿力 ★★★
潤い ★★
修復力

2位:salon foot/もっちり保湿美容液

参考価格:1,372円(税込)

かかと専用クリームは大半が、ベタっとしたクリームが多いですが、こちらはさらっと伸びる美容液タイプ。これで保湿できるのかな?と思うくらい軽い付け心地です。美容液なので乾燥かかとに染み込んでいくような、潤い成分の多い高浸透性です。同時に保湿成分のココナッツオイルやワセリンも入っているので保湿面も安心。尿素も入っていますが、潤い効果の方が高めです。馴染ませやすいので初心者でも使いやすいタイプです。

ベタつき ★★
尿素 ★★
保湿力 ★★
潤い ★★★
修復力

1位:資生堂/尿素100%クリーム UREA CREAM

参考価格:825円(税込)

 

 
尿素が入っているタイプ。カチカチな硬いかかとを柔らかくしたい方におすすめ。クリームタイプですが重たくない付け心地。しっかり揉み込むように馴染ませるとベタベタぜす、しっとりな感じです。乾燥時期など、継続して使うにはコスパも良く、無香料で手先にも使えます。
ベタつき ★★
尿素 ★★★
保湿力 ★★★★
潤い ★★
修復力

【うるおい修復】内部からモッチリかかとに

かかとをしっとり、ふっくらさせたい方に。毎日継続することで、段々と柔らかく潤ったかかとになれます。また、内部から潤ったかかとは、乾燥しにくく角質も溜まりにくくなりますよ。

3位:ドクターショール/ディープ・モイスチャライジング

参考価格:950円(税込)

こちらは、クリームと言うよりジェルに近いタイプの保湿クリームです。伸びがよく浸透が高いので、表面のベタ付きはなく使いやすいです。
尿素誘導体も多く入っているのが特徴。尿素とは役割が違い、尿素誘導体は保湿力の高い成分なのでお風呂上り直後など、皮膚の水分を逃がす前に使うとより効果的です。
ベタつき
尿素 なし
保湿力 ★★★
潤い ★★
修復力

2位:CEDARCOS/カカトエステ

参考価格:2,509円(税込)

分厚いかかとの角質層にも入り込んでいく、通常よりも粒子の細かい有効成分をたっぷりと含んだクリーム。かかとの内部からしっかりと保湿し、つるつるなかかとに。少量でも伸びが良く、軽い付け心地で使いやすいです。無香料タイプ。
ベタつき
尿素 なし
保湿力 ★★
潤い ★★★
修復力 ★★

1位:yuskin/ユースキンA メディカルクリーム

参考価格:896円(税込)

 

しっとりと、もっちりとした潤い感のある保湿クリーム。修復に有効な成分が入っているので、ひび割れているかかとや、皮膚表面の荒れが気になる方におすすめです。尿素は入っていないので、塗り心地も重たくなく使いやすいです。軽度~中度の乾燥なら十分な保湿効果が得られます。手荒れにも使えるので、手足同時に保湿したい方にもおすすめ。
香りは、薬用の様な匂い。ずっと匂いが残るわけではないので、気になりません。
ベタつき ★★
尿素 なし
保湿力 ★★
潤い ★★★
修復力 ★★★★

【高保湿】ガサガサにさよならつるつるかかとに

油分系の成分が多いので、付け心地は重ためですが、素早くカサカサを落ち着けたい方におすすめ。

3位:キタガワ/かかとにうっとりするクリーム

参考価格:2,200円(税込)

ホホバ油、スクワランオイルなど天然の油分成分で、優しく高保湿。油分成分が多いとベタつきがちですが、こちらは肌に馴染みやすいクリームタイプなので、ベタつきは苦手だけど高保湿したい方におすすめ。
ベタつき
尿素 なし
保湿力 ★★★
潤い ★★
修復力

2位:小林製薬/なめらかかと(スティック)

参考価格:730円(税抜)

 

ワセリンや、オリーブ油、ひまし油、スクワランなど、油分成分がたっぷり。しっかりと高保湿力のスティックタイプ。塗っている時は、浸透するような感じの付け心地ではありませんが、塗布後に靴下などを履いて一晩おくと、油分が皮膚に馴染み、ガサガサのかかとも柔らかくしっとりとした肌になります。
オイル感が強いので、塗った後は靴下やかかとサポーターが必須です。スティックタイプなので手を汚さずにケアができ、毎日継続しやすいのも◎。
ベタつき ★★★
尿素 なし
保湿力 ★★★★
潤い ★★
修復力 ★★

1位:オリヂナル/ももの花

参考価格:762円(税込)

アロエエキス、ビタミンE配合で修復力のあるタイプ。ひび割れやガサガサに荒れたかかとにおすすめ。ワセリンなど油分も多く含んでいるので、付けた直後は馴染みにくい感じがあります。
靴下などを履いて一晩おくと、油分がしっかり浸透し、しっとりとした肌になります。保湿力、修復力ともに優秀なので、ベタ付き感(オイリー感)が苦手ではなければ、おすすめです。
ベタつき ★★★
尿素 なし
保湿力 ★★★★
潤い ★★
修復力 ★★★

かかとサポーターでより効果的に!

クリームでケアをした後に、靴下を履いたりする人もいますよね。もちろん、普段履いている靴下でも保湿になりますが、かかと専用のサポーターでより効果的に保湿しましょう。クリームの浸透率も抜群に良くなりますよ。

桐灰化学/かかとちゃん

参考価格:1,304円(税込)

履くだけでOKなタイプ。特殊な生地が、水分の蒸発を防いで、しっかりと保湿してくれます。伸縮性もあり履きやすく、洗濯して繰り返し何度も使えます。
保湿クリームが寝具に付くのも防げますし、より保湿効果を上げてくれるので、すごく重宝しますよ。

保湿クリームでもなかなか効果が出ない時は

もちろん、かかとの状態によっては保湿ケアでも効果が表れにくい場合も。かかとがかなりガチガチな方や、立ち仕事で日々足を酷使する方などは、かかとの皮膚が分厚く角質化していることも多いです。

角質化した皮膚はとても乾燥しやすく、クリームが内部に染み込みにくいので、ケアを続けても柔らかくなるまでに時間が掛かったり、改善しにくい事も。その場合は、一度角質を除去することで、皮膚をターンオーバーさせ、ある程度の柔らさに改善させる事が大切です。

かかとの硬い角質を除去する方法☟

足の硬い角質を除去するフットケアの方法!をネイリストが解説します

 

-セルフネイル
-

© 2020 美ネイル Powered by AFFINGER5