ネイルの知識

ジェルネイルクリアのみの施術とは?サロンやセルフでも自然な爪に

2021年12月29日

クリアのみってどんな感じに仕上がるの?普通のネイルとどう違うの?

ネイルサロンでも”クリアのみ”という施術メニューを見かけますよね。

クリアネイルに興味はあるけどよく分からないという方に、クリアネイルの施術や特徴、料金や持ちをネイリストが解説します!

セルフネイルでのやり方も紹介しますのでジェル用品をお持ちの方は、参考にしてみて下さいね。

クリアのみのネイルとは?

ジェルネイルクリア仕上げ

"クリアのみ"とは言葉の通り、透明で仕上げるジェルネイルのことです。

カラーやアートをせずに、透明なクリアジェル(ベースとトップジェルだけ)を塗って仕上げます。その為、より自然でナチュラルな仕上がりになります。

また、爪の強度が上がるので折れにくくなり、衝撃やダメージを防いでくれます。

クリアのみはどんな人におすすめ?

こんな方におすすめ!

  • ナチュラルなネイルにしたい
  • 根元の伸びが目立たないようにしたい
  • 爪が折れないように補強や保護をしたい
  • 爪の強度をあげたい

おしゃれなネイルはできないけど爪を綺麗にしたい方や、自爪が欠けたり割れるのを防ぎたい方にもおすすめ。

ギターを弾く時に爪が削れる、仕事柄手先を使う為爪に負担がかかり傷みやすいなど、美容としてではなく爪の保護をしたい方に男女問わずおすすめです。

ツヤなし仕上げも可能

クリアのみのネイルは基本的にツヤのある仕上がりになります。

ツヤがあると綺麗に見えますが、仕事上ネイルができない方や爪を目立たせたくない方は、ツヤなしで仕上げることも可能です!

ツヤを無くすことで、より自爪に近い自然な仕上がりになります。ツヤなしを希望の場合は、施術の前に伝えておきましょう。

クリアのみの施術料金

クリアのみ施術料金:3,000~5,000円程度

サロンによって料金は異なりますが、だいたい5,000円以内で行えるサロンが多いです。

施術時間はネイルケアも含めた場合、1時間ほどの施術となります。

クリアネイルの持ち

クリアのみの場合も、通常のジェルネイルと同様に3~4週間程度の持ちです。

ネイルの浮きや剥がれが起こるとネイルに白くボケたような部分ができます。

一度オフして新しく付け替える場合や、フィルインで新しくする場合など、サロンによって付け替え方法が異なります。

セルフで行うクリアネイルのやり方・手順

手順早分かり

  1. ネイルケア
  2. ベースジェル塗布
  3. トップジェル塗布
  4. 未硬化ジェル拭き取り完成
  5. (ツヤなしにする場合)

クリアのみなのでネイル道具があれば、セルフで行うことも可能です!

簡単なクリアネイルですが透明な分、雑に行ってしまうと汚くなることもあります。セルフでも綺麗に仕上げる為の手順やコツを紹介します。

step
1
丁寧にネイルケアを行う

まずは爪の長さや形を整え、ネイルケアを行います。

ケアが不十分だと、ネイルの浮きや剥がれに繋がりやすく、浮いた箇所は白くぼやけるので見た目も汚くなりがち。

丁寧なケアで浮きや剥がれの原因にとなる角質や汚れを取り除いてから、ジェルを塗布しましょう!

適切なネイルケア方法はこちらで解説しています。→【セルフネイルケアのやり方を解説!ジェルやマニキュアを長持ちさせよう。】

step
2
ベースジェルを塗布

ケアが終わったら、ベースジェルを塗布します。

爪先のエッジ部分にも塗布をしっかり行いましょう。エッジが塗れてないとジェルが剥がれやすく、自爪をしっかり保護できません。

筆先や筆の角を使ってしっかりエッジまでコ―ティングします!

step
3
トップジェルを塗布

ベースが塗れたら、トップジェルを塗って仕上げます。

爪に凹凸がある場合は筆でジェルを動かし、表面をフラットに整えて硬化するとより綺麗になります。厚みや強度を出したい場合はトップジェルを重ね塗りして、好みの厚さに仕上げましょう!

その都度エッジへの塗布も忘れずに行います。

step
4
未硬化ジェルを拭き取り仕上げ

ジェルの塗布が終わったら、ジェルクリーナーやエタノールで未硬化ジェルを拭き取り仕上げます。

先端に引っ掛かりがある場合は、スポンジファイルを軽く当てて整えて完成です。

step
5
ツヤなしにする場合

トップの後にマットコートジェルを塗ってツヤなしに仕上げます。厚みを出したくない場合はベース→マットコートでもOKです。

マットコートジェルが無い場合は、目の細かいスポンジファイルやシャイナ―(爪磨きファイル)の裏面でツヤを削り、ツヤ無し仕上げにできます。

強くこするとネイルが薄くなるので、軽めにファイルを滑らせるように当てましょう。

まとめ:クリアネイルを活用

いかがでしたか?

ネイルサロンではクリアネイルの施術も意外と多いです。爪の悩みがある方や、爪の保護・補強を考えている方は、一度サロンに相談してみて下さいね。

普段クリアをしない方も、たまにクリアネイルをしてみるとナチュラル感が新鮮で楽しめますよ!

-ネイルの知識
-,

© 2021 美ネイル.