ネイリストになるには?

ネイリストになるには?

ネイリストnicoです。

この記事は、ネイルを始めようと思っている方にまず始めに読んでほしい項目です。

ネイリストの職業について参考にして下さい。

 

 

”ネイリストになりたい!!”と考えている方に、

どうやったらネイリストになれる?そもそも検定とは?

ネイルを始めるにあたっての疑問を解決していきます。

 

資格を持っていなくてもネイリストになれる?

 

【ネイリストになりたいけど、そもそもネイルの資格って必要?】

 

サロン勤務や個人ネイルサロンで働いているネイリストが所持する資格は、必ずしも持っていないといけないと言う訳ではありません。

たとえば、美容師は国家資格で美容師免許がないといけませんが、ネイリストには必須免許や資格というものが現在では制定されていません。なので、

 

検定資格を持っていなくてもネイリストになれるんです。

ですが、やはりネイルサロン就職を考えている方であれば資格を取得しているほうが採用されやすく、就職先の候補も広がります。

中には資格を持っていない未経験者を採用しているサロンもありますが、ほとんどのサロンでは未経験者でもネイル検定2級以上やジェルネイル検定中級以上を取得していること、を条件としているサロンが多いです。

 

また、自身でサロンを開きたいと考えていらっしゃる方も検定資格があればプロネイリストとしての証になりますし、お客様の信頼度もアップします。

 

検定にはどんな種類があるのか?

 

検定には大きく2種類あります。ネイル検定とジェルネイル検定です。

それぞれ検定内容は違いますが、ネイリストとして活躍する際にどちらも大切な技術になります。以下、それぞれを紹介していきます。

 

ネイル検定とは、正式名称でネイリスト技能検定のことです。JNECが制定しているネイル検定で、日本ではこのネイル検定が一番目安になっている資格です。

主にサロン求人にも記載されている必須要件として、このネイリスト技能検定の資格を取得しているかの有無が問われています。

ネイル検定2級検定取得以上などと指定されているサロンも多いですね。ネイル検定は3級、2級、1級まであり、3級から順に取得しなければいけません。

 

ジェルネイル検定とは、正式名称でJNAジェルネイル技能検定試験のことです。

主に日本のサロンではジェルネイルの施術が定着しているため、最近ではネイル検定と同様に就職の際に、ジェルネイル検定を所持しているかどうかで採用が決まるサロンも多くあります。

JNAが制定している検定のジェルネイル検定は、初級、中級、上級まであり、初級から順に取得しなければいけません。

未経験資格なしでも就職できるサロン

 

サロンによっては、資格なしの未経験者でも雇ってくれるところがあります。

その場合、サロン就職後にサロンスタッフから技術指導を受け、ある程度技術が安定するまで練習の日々となります。

 

当然すぐにはお客様の施術に入れないので、雑用や受付などの業務を行っていくことになります。その為、最初は無給や低給で雇うサロンが多いです。

技術を無料で習得できるのですから、無給や低給でも考え方によっては悪くない条件だと思います。

 

資格を持っていたら有利になること

 

資格を取得していればどんな利点があるのか。

もちろん就職には有利になります。サロンによっては検定所持者に待遇が(手当金)あったり、また一番の利点はお客様の信頼度があがることです。

 

資格を持っていなくても技術のあるネイリストは沢山いますが、一般のお客様は、判断の1つとして検定を取得しているかどうかで”良いネイリストなのか”どうか、を決めてしまう方もいます。

実際にネイルサロンで1級ネイリスト在籍などを看板にしているサロンもありますよね。

 

また現在では、個人ネイルサロンも増えてきています。個人でサロンを開こうと考えている方も、資格はあった方が無資格で個人サロンを経営するより集客率にも繋がり、信頼度があがります。

 

資格取得の方法とは?

 

資格なしでサロンに就職するよりも少しでも技術や知識を身に付け、資格を取得したいと思う方も多いと思います。

【資格を取得するにはどんな方法があるのか?】大まかには3通りの方法です。

・ネイルスクールに通う

・通信教育で学ぶ

・独学

それぞれメリットデメリットがあります。

 

目安として”どんなネイリストになりたいのか?””どんなサロンに就職したいのか?”または”どんなネイルサロンを持ちたいのか?” など目標によって方法は違ってきます。

例えば、

・とにかくサロンに就職したいなら→採用条件のネイル検定2級まで通信でとる

・将来プロネイリストとして活躍したいなら→プロ講師指導を受けれるネイルスクールで時間をかけてでも、1級までとる

 

ネイリストと言っても、スクールや通信でしっかりとした知識、技術を身に付けているネイリストと、独学でネイリストになった方では技術レベルや知識量に大きな違いがでます。どんなネイリストになりたいのか目標に合わせた方法を選びましょう。

 

ネイル検定資格カテゴリの最新記事