【ネイルチップ付け方・外し方】と取れない接着剤の選び方を解説!

【ネイルチップ付け方・外し方】と取れない接着剤の選び方を解説!

ネイルチップって便利で可愛いけど、すぐ外れたり、上手く付かなかったり、不満も色々とありますよね。

でも自爪の形に合った接着剤を使えば、ネイルチップの持ちももっと良くなります。取れにくくて安心して使えるネイルチップにする為に、爪に合った粘着剤の選び方と、ネイルチップの正しい付け方、外し方を紹介します。

 

ネイルチップは爪のサイズに合ってる?

ネイルチップを付けた手

市販のネイルチップを買った場合は、どうしても爪のサイズや希望の長さに合わない事も多いですよね。サイズの合わないネイルチップは、引っかかりやすく、すぐに外れる原因にもなります。必ず使用前に、サイズ調整をする事が必要です。

爪のサイズに合わない時の調整方法

・必要な道具:ネイルファイル、スポンジファイル(無ければ、できるだけ目の細かいファイルで削る)

爪の幅や好みの長さに合わせてネイルファイルで削ります。そのままだと、削った部分がギザギザで引っかかりやすくなるので、仕上げにスポンジファイルをかけ、粗を取り滑らかにします。

好みの長さに調整する場合は、人指と薬指が同じ長さ、中指は人指より少し長め、小指と親指は人指より少し短めの長さに削ります。そうすると、装着した際に長さのバランスが取れより綺麗に見えます。

ネイルチップの合わせ方

爪に合った接着剤の選び方

爪とチップの間に隙間がある方→粘着グミ、両面テープがおすすめ。

爪とチップの間に隙間がない方→ネイルグルー、ワンタッチグルーがおすすめ。

ネイルチップを爪に乗せた時に爪のカーブとチップのカーブが合わない方は、チップとの間に隙間ができてしまいます。その場合は、ネイルグルーを使っても一時的に無理矢理カーブを密着させるので、チップが元のカーブに戻ってしまい、すぐに外れる可能性が高いです。ですので、隙間を埋めて密着させることが出来る粘着グミやテープの使用が向いています。

爪とチップのカーブが合い隙間が出来ない方は、ネイルグルーやワンタッチグルーが向いています。自然と密着しやすく、ネイルグルーでも無理なくしっかりと接着できます。反対に粘着グミを使用すると、グミの厚みでネイルチップが爪から浮いてしまい隙間が出来、引っかかりやすく剥がれやすくなります。

ネイルチップ接着剤の種類と特徴

粘着力の高い順番:1ネイルグルー→2粘着グミorワンタッチグルー→3両面テープ

・装着前:どんな接着剤の場合にも、爪表面の油分を取り除いてから付けます。エタノールで拭き取るか、手洗いしてから接着すると密着しやすくなります。

ネイルチップの接着には、いろんなタイプの接着剤があり、それぞれに長所と短所があります。ネイルチップの利用時間や状況に合わせて使い分けることも大切です。それぞれの長所や短所をまとめました。↓

アロンアルファは利用NGです

アロンアルファは人体に塗布するための接着剤ではないので、接着成分が染みたり、爪を痛めることもあります。また、外す事を想定して作られていないので、とても剥がしにくく、無理矢理剥がすことで自爪の層が一緒に剥がれ、爪が薄くなったり、割れたりします。ですので、ネイル用ではない接着剤の使用はやめましょう。

ネイルグルー

ネイルグルーは接着剤の中でも一番取れにく、塗るタイプの接着剤です。水やお湯にも強く、1日中しっかりと密着します。ですが、チップとの隙間に水分が溜まってグリーンネイルになる可能性もあるので長期間の付けっ放しは控えましょう。

ネイルチップを取り外す際には、専用のリムーバーかアセトンでグルーを溶かして取り外す必要があります。少し手間が掛かり、ネイルチップ自体もリムーバーで溶けてしまうので、再利用が出来なくなってしまいます。付け方と外し方については先に進んでください。↓

ワンタッチグルー

ネイルグルーよりも接着力は劣りますが、チップを外す際にリムーバーが要らず、手で簡単に剥がすことが出来ます。お湯で柔らかくして外すものもあり、自爪をネイルチップを痛めずに取り外すことが出来ます。外しやすい分、粘着力が劣るので、数時間や1日以内の一時的な利用の場合におすすめです。

粘着グミ

粘着グミはネイル用の両面テープよりも粘着力が高く、衝撃にも強く取れにくいです。外す際には少し力が要りますが、リムーバーなども不要で自爪やネイルチップを痛めずに取り外せます。

手を洗う程度なら問題ないですが、お風呂など長時間のお湯はグミを柔らかくし、チップが外れる可能性が高いので、外してからの入浴をおすすめします。粘着グミを付ける際は、指先の油分やダストなどが付くと粘着力も落ちてしまうので、ピンセットなどを使い直接触らないように気を付けましょう。

ネイル用両面テープ

粘着グミよりも薄く、浮き過ぎることがないのでよりフィット感のある付け心地です。(カーブが爪に合っていれば。)テープなので、グルーや粘着グミよりも粘着力が弱く、割と剥がれやすいです。数時間の利用であれば問題ないですが、水やお湯にも弱いので、1日中の利用には不向きです。

ネイルグルーの付け方、外し方

【付け方】

①爪表面に油分やダストが無いよう、手を洗うかアルコール消毒液で拭きます。

②ネイルグルーを爪に塗布し、素早くチップを装着します。

③はみ出たグルーがあれば、ウッドスティックなどで拭き取ります。

④1分ほど押さえ、密着したら完了です。

外し方

ネイルチップの取り方手順

①専用のリムーバーまたは、アセトンをチップと爪の隙間に垂らし1~2分ほど置きます。密着していて隙間の無い場合は、爪の裏側から数滴を流し込むようにすると、染み込みやすいです。アセトンやリムーバーは皮膚を乾燥させるので、余分なところにはあまり付かないように気を付けて下さい。

②1~2分経ったら、サイドの隙間にウッドスティックを入れ、チップを軽く押し上げます。接着剤が溶けていればここで簡単に剥がれますが、接着力が強く剥がれない場合は、①と②を何度か繰り返します。無理矢理剥がしてしまうと、自爪がかなり痛みますので、ゆっくり溶けるのを待ち外していきます。

③チップが剥がれたら、爪表面に残っているグルーを落としていきます。コットンにアセトンやリムーバーを染み込ませ、拭くようにすると綺麗に落ちます。落ちにくい場合は、爪のサイズにカットしたコットンにアセトンやリムーバーを染み込ませ、爪に置いてアルミホイルで巻き、5分ほど待ちます。その後、溶けたグルーを拭き取って下さい。

④オフ後は、爪や皮膚が乾燥しますので、キューティクルオイルやハンドクリームで保湿します。

粘着グミと両面テープの付け方、外し方

【付け方】

ネイルチップの付け方

爪表面の油分やダストを除去しておきます。エタノールで拭き取るか、手を洗って綺麗にします。

①粘着グミやテープをピンセットで取り、ネイルチップに貼り付けます。

②チップからはみ出た余分なグミ、テープをカットします。

③フィルムを剥がし、爪の根元と再度の位置に合うようにチップを貼り付ければOKです。

【外し方】

ネイルチップの取り方

粘着力が強い場合は、お湯に1分程度指先を付け、グミやテープを柔らかくしてから剥がします。

①ウッドスティックを使い、サイドからゆっくりと押し上げ外します。または、ネイルチップの先端を軽く押し下げると簡単に取れます。

②爪に残った粘着剤は、洗い流すと綺麗に取れます。

 

セルフネイルカテゴリの最新記事