セルフネイル

セルフネイルにもおすすめ!ネイルに適したコットンの選び方

マニキュアやジェルネイルのオフ、ネイルケアや拭き取りなどネイルに欠かせないコットンですが、繊維ゴミがジェルに付着する、オフ剤の浸透が悪いなどネイルに不向きなコットンもあります。

ネイルの作業にストレスなく使える、ネイルに適したおすすめのコットンを解説します。

ネイルに不向きなコットン

  • 毛羽立ちがひどい
  • 厚みがない
  • サイズが小さい
  • 面がスカスカ

毛羽立ちやすいコットンはネイルに最も不向きです。

コットンを割いたりカットして使用することも多い為、繊維ゴミが舞いジェルに混入する、筆に付くなど作業の邪魔になってしまいます。

また厚みがないコットンは適切なオフ剤の量を含ませられず、浸透率も悪くネイルが溶けにくくなります。

ジェルネイルの仕上げに行う未硬化ジェルの拭き取りは、指ごとに綺麗な面で拭く必要があるので、サイズの小さいものは複数枚使用しなければいけずコスパも悪くなってしまいます。

面のスカスカなコットンは吸着力が悪い為一度で拭き取れないことがあります。

ネイルに適したコットン

  • 割いても毛羽立たない
  • 大判で厚みがある
  • ネイル用のコットンを使う

ネイル用やエステ用のコットンは、毛羽立ちを抑えて作られているものが多いです。

割いたりカットしても毛羽立たないため、ジェルへの混ざりこみも防げます。

拭き取りのエタノールや、オフリムーバーはコットンが薄いと含む量が少ないうえに液だれしやすいですが、大判で厚みがあると液だれせず適量を取れるので一度で効率的な作業ができます。

-セルフネイル
-

© 2021 美ネイル.