JNA認定とは?認定講師や認定校ネイルスクールを選ぶメリットを解説

JNA認定とは?認定講師や認定校ネイルスクールを選ぶメリットを解説

スクール選びを考えている方は、JNA認定校や認定講師在籍などとよく目にしますよね。

でも、「”JNA認定”って何?」「認定校や認定講師が良いのは分かるけど、どの位のメリットがあるの?」など、いまいちピンと来ていない方も多いと思います。そんなスクール選びに役立つ、JNA認定校JNA認定講師とは?についてを詳しく解説します!

JNA認定校スクールとは?

ネイルの認定校で学ぶ

正しい技術指導で、検定対策指導もバッチリ!安心して通えるスクール

JNA認定校とは、ネイルを教育する施設として、日本ネイリスト協会が定めた施設・カリキュラム・教育者・学則等の必須要件を満たし、高度な知識と技術を持つプロのネイリストを養成する教育施設です。

参照:NPO法人日本ネイリスト協会JNA

JNAは現在、ジェルネイル検定を主催する機関で、元々はネイリスト検定も開催していました。(現在ネイリスト検定は、JNECと言う機関が引継ぎ開催しています。)

そんな検定主催の機関が認めたスクールで、プロネイリストを養成する施設として、正しい教育を受けられるスクールであると言う証が、”JNA認定校”です。

ですので、スクールを選ぶ際は、JNA認定校かどうか?と言う点で決める事も重要です。

認定校本部認定校の2種類がある

本部認定校は認定校の中でも、長年の実績と高い教育水準であると認められた、より優れたスクールの事です。

認定校に通う大きなメリット

認定校で通えば、いくつかのメリットが受けられます。☟

  • ジェルネイル検定を校内で受験できる。
  • ネイルサロン衛生管理士資格を校内で受けられる。
  • JNA認定校卒業証明書(ディプロマ)が得られる。→(認定講師を目指すなら必須です)
  • セミナーの受講費が割引になる。(JNA主催のセミナーに参加する場合)
  • コンペティション参加費が割引になる。(JNA主催のコンペ)
  • JNAの入会金免除

本部認定校に通う大きなメリット

・ジェルネイル検定初級、実技も筆記も免除

上記に書いた認定校のメリットを含めその上、本部認定校なら、ジェルネイル検定・初級免除(実技と筆記どちらも免除)されると言うメリットがあります!

重要な試験の1つを免除できるので、時短にもなりますし気が楽ですよね。その分、授業内容や指導が的確で、しっかり学べる信頼性があるスクールだからこそ受けれるメリットです。

認定校ではないスクールはどうなの?

・検定がスムーズに合格できないことも。

日本中には、大小数多くのネイルスクールが存在しています。その中でも、JNAの認定を受けたスクールは一部しかありません。また、「認定校は受講費が高い、認定校が近くにない」などの理由で、認定校ではないスクールに通おうと考える方も多いです。

その場合、検定を取得している先生が在籍していても、必ずしも最新の検定に対応した指導を受けられるとは限りません。

検定の試験要項についてはその都度変更される場合も多く、検定について一早く最新の情報を入手し、指導に反映させる必要があります。

ですが、認定校以外では講師が検定を熟知出来ておらず指導不足な為に、合格に繋がりにくいという事もあります。また、合格できずに悩んでいる方が、認定校に転校し学び直すと言う事も実際にあります。

ですので、認定校ではないスクールを選ぶ際は、せめて認定講師の在籍するスクールを目安に選びましょう。

JNA認定講師とは?

ネイルの認定講師

・検定を細部まで熟知した講師の下なら、1発合格も可能!

JNA認定講師とは、毎年実施される資格試験に合格することにより、与えられる資格です。
JNA認定講師は、日本ネイリスト協会の講師会のメンバーとして高い志を持ちネイルの普及と発展に努め、イベント実行委員、検定試験の試験官、コンテストの審査員、各セミナーを担当して自らの意思により活動し貢献しています。

参照:NPO法人日本ネイリスト協会JNA

認定講師は、上記の様に、JNAの定める厳しい試験を突破し、ネイリストとして高い技術と知識を持つ講師の事です。

認定講師になると、ネイル検定やジェルネイル検定などの試験官を務めたりと、最新のルールや検定内容を細部までを理解しているので、検定内容に沿った正しい指導が可能です。

ですので、ネイル検定やジェル検定をスムーズに取得したい、プロとして正しい技術を学びたいと思う方は、認定校ではなくても、せめて認定講師の在籍するスクールを選ぶことが検定”合格への近道”になります。

本部認定や常任本部認定講師って?

JNA認定講師の構図

認定講師は4つの段階に分かれています。
認定講師を始め、本部認定講師、常任本部認定講師、名誉本部認定講師と長年の指導実績やJNAで担う役割などにより、段階が上がっていきます。

ですので、スクールの講師の中でもより細かい指導が出来る講師や指導実績のある講師を選ぶことで、よりプロフェッショナルな技術と知識を身に付けられます。

また、JNA主催のセミナーやコンペなどの情報も得やすいので積極的に参加する事ができます。将来認定講師の資格を取りたい方であれば尚更、濃い指導を受けられる実績のある先生を選ぶ事が大切です。

まとめ:スクール選びは慎重に

JNA認定校や、認定講師については分かりましたか?これからスクール選びをされる方は、ぜひ参考にして良いネイルスクールを見つけてみて下さいね。

もちろん、認定校や認定講師では無くてもしっかり学べるスクールも多くあります。ですが、中には安くはない授業料を払って失敗する方もいるので、選ぶ際は慎重に下調べをして決めて下さいね。

ネイル検定資格カテゴリの最新記事