ネイルサロン就職

ネイリストの仕事内容とは?サロンワーク1日の流れについて解説します

ネイリストの仕事内容

『ネイリストってどんな仕事内容なの?』

『接客や施術以外には、何をしているの?』

これからネイリストになろうと思っているけど、実際にネイリストはどんな仕事をしているのか?そんな疑問にお答えします。

サロン勤務ネイリストの1日の流れを紹介します。

 

サロン出勤・開店前の準備

  • その日の予約確認
  • 店内の準備、道具の準備

お店にもよりますが、出勤時間はだいたい開店の30分前~10分前です。

出勤後に着替えをし、その日の予約を確認します。お客様のカルテを見直したり、その日の予約内容の把握をします。また施術道具のセッティングや、おしぼりの用意、ドリンクの用意などをします。

 

お客様の施術・接客

  • ネイルの施術

ご来店されたお客様の施術をします。ネイリストになりたての頃は、いきなり施術を担当することはありませんが、先輩スタッフの施術補助をしたり、ドリンクを出したり、次の施術の準備をするなどです。

 

予約の管理・電話対応

受付スタッフを設けているサロンは少ないので、施術中でも電話対応をしたり、ネットで入る予約の確認を行います。サロンに勤務したての頃は特に、これらの業務がメインになります。

 

予約がない時の業務

  • ネイルサンプルの作成
  • 店内の清掃・道具の管理
  • ネイル用品の発注・在庫管理
  • お客様のカルテ管理

 

主に、予約がない時や、次の予約までの間に行う業務です。

サンプルの作成はネイリストが手分けをして作成しています。自分がデザインしたものや、流行りのデザインを使ったものなど、多様なサンプルを作成していきます。なので、常にネイルのアイディアをストックしておくことも必要です。

多くのサロンでは、お客様のカルテを作成しています。来店された時にどんなデザインをしたのか、手や爪の状態について、お客様との会話など書き込み、次回の来店の際に役立てたり、他のスタッフが施術をする時の引継ぎに役立てます。

施術が終わったら、道具を消毒したり、施術テーブルを綺麗にしたり、次の施術が行えるように整理します。

 

休憩時間

ネイリストは決まった時間に休憩を取ることは少ないです。

1日中予約が埋まっていれば、施術の合間でご飯を食べたり、軽い休憩をとったり、刻んで休憩を取っていくサロンが多いです。

もちろん、予約の状況次第では、休憩をゆっくりとれる日もありますよ。

 

閉店作業

  • 店内清掃
  • 売り上げ管理

一日の業務が終わったら、閉店の準備です。

サロン内を清掃し、その日の売り上げを管理し、お仕事終了です!

 

定期的に行うこと

  • ミーティング
  • 練習会

サロン内での情報共有のため、定期的にミーティングを行うサロンもあります。

練習会は技術向上のためや、最新のアートを練習したり、苦手な施術を練習します。定期的に練習会を行うサロンもあれば、一切練習の機会を設けていないサロンもあり、様々です。基本的には閉店後の時間や、自宅で自主練習をしたり、業務時間外での練習が必要になります。

ネイリストになりたての頃は、早く施術を担当できるように、沢山の練習が必要になります。大きなサロンであれば、技術指導の制度がしっかりと設けられていたり、先輩スタッフから指導を受けられる時間があります。ですが個人サロンや小規模サロンだと、指導時間を設けていることはあまりないので、基本的には自主練習がメインになり、予約の合間に指導をしてもらうといった場合が多いです。

早く技術を習得したい・完璧な技術を身に付けたいと考えている方は、練習制度や研修会など、技術指導の環境が整っている大きなサロンに就職すると良いですね。

 

ネイルの研修で練習をする
おすすめ記事ネイルサロンの研修制度とは?ネイリストになる為の研修や給料について

続きを見る

 

 

-ネイルサロン就職
-,

© 2020 美ネイル Powered by AFFINGER5